絶唱 & 黄昏

「絶唱」 ひょっとして舟木一夫さんの歌を思い出す方も?
そう考えるところが古いって?
そこで「絶唱」を検索してみると最初に出てきたのは「戦姫絶唱シンフォギア」というアニメでした。
知らない私はやはり古かった?
そして舟木一夫さんの歌は大江賢次さんの小説「絶唱」を原作として映画・ドラマ化された時の楽曲だそうです。

ここでの「絶唱」は湊かなえさん著の本

背表紙の「喪失と再生を描くミステリー」という文に惹かれて読んでみました。
四つの物語からなり、それぞれの物語を読み進めていくと、
阪神淡路大震災とトンガで繋がっています。
私小説でもあるようです。

本書に「わたしは(僕は)あの時~、と自分のことを語りたがるのは、境界線のもっと外側にいた人たちばかりなのです」とありますが
湊さんが震災のことを書くにはかなりな覚悟がいったのだと思います。
後押ししてくれたのはトンガに住む尚美さん。
物語のモデルになった人たちと会うことができたのも尚美さんの紹介。
この後尚美さんは亡くなられています。

本書の最後に
「尚美さん、もうすぐあの震災から二十年です」と書かれていました。

キミが最後に阪神淡路大震災についてブログに書いていたのも
震災から二十年の年でした。

その数日後にキミはこの世からいなくなりました。
そして五年が経ちました。

阪神淡路大震災の後もいろいろな災害が起こりました。

中江有里さんが絶唱の解説で書いています。
「災害の記憶は時とともに薄れていく。しかし被災した心の記憶を残す人がいる限り、なくなりはしない」

忘れ去られるのは怖くて、寂しくて、辛い。

今年は震災には触れないでおこうと思ったけれど、
この時期に偶然読んだ本が本書
やはり書いておこう。

忘れないよ!

阪神淡路大震災の慰霊・復興を後世に伝える
「やさしさ」と「おもいやり」そして「生きている証」としての灯り
【 1.17希望の光 】
P1270849.JPG
2001年1月17日「希望の灯り」が分灯され東遊園地から全国69都市に
市民ランナーによって届けられた


                                       


急用で四国に行ってきました。

往きは瀬戸大橋を通って
DSC_0086 (1).JPG

翌日時間があったので、
ブラタモリで紹介されていた日暮別邸記念館に寄ってきました。

【 日暮別邸記念館 】
DSC_0089.JPG
   別子銅山(開坑1691年)の精錬所が新居浜から
   瀬戸内の沖合20kmにある四阪島に移転(1905年)された翌年
   住友家の別邸として四阪島に建設された
   
   経年劣化により四阪島での保存が困難となり
   住友グループ20社が協力して、四阪島を遠望できる新居浜の高台に
   洋館部分の地上階のみ、30ヶ月をかけて移築
   2018年11月1日から一般公開

   ※ 別子銅山 → 住友別子銅山 → 住友鉱業 → 住友金属鉱山
     住友財閥の源流企業
   建物から少し登った展望台から
北側
DSC_0093 (1).JPG
南側
DSC_0096 (1).JPG
こちらでは北が海、南が山なんですよね。
海を渡ったことを改めて気づかされます。


帰りは大鳴門橋、明石海峡大橋を通って
.DSC_0111_HORIZON.JPG
夕日を見ながら人生って・・・
この日も私の人生も黄昏てしまいました
DSC_0113.JPG
神戸の街が見えてくると帰ってきた感が
DSC_0120 (1).JPG


2月は楽しい予定がいっぱい
どうか予定通り実行できますように!

"絶唱 & 黄昏" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント