今年最後の山旅(2) 安達太良山

今年最後の山旅  三日目(9月30日)
安達太良山登山

安達太良山(標高1,700m)
画像

福島県二本松市の西側に位置し  磐梯朝日国立公園の南端
那須火山帯に属する活火山
日本百名山の一つ

薬師岳近くまでロープウェイ(ゴンドラリフト)があるので
往復ロープウェイを利用すれば約3時間
登りのみロープウェイを利用する周回ルートだと約4時間
初心者向けの山です。

ところがです。なんと強風のためロープウェイが休止しています。
仕方なく徒歩のみで登山することに 
画像


7歳の女の子も頑張って登っています。
最初のころはまだいいのですが、前々日の雨の影響で登るにつれ道が悪くなってきます。

途中すれ違った親子に「お気をつけて」と声をかけていただき、元気をもらって薬師岳へ
ロープウェイが動いていれば、薬師岳まで10分余りなのですが、1時間半もかかっていました。

薬師岳にある「ほんとの空」の記念碑
画像
          
智恵子抄より
智恵子は東京に空がないといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
・・・
智恵子は遠くを見ながらいふ。
阿多多羅山(あだたらやま)の山の上に 
毎日出ている青い空が
智恵子のほんとの空だといふ

薬師岳から安達太良山へ
画像

画像

画像


振り返ってみると
画像


山頂まであと少し
森林限界を越え高い木がなくなってきました。
突き出た岩峰が山頂
画像


安達太良山の山頂  大きな岩の上(1700m)
風が強くて、体が揺れ、撮影もままなりません。
岩に隠れて、、寄りかかってやっと撮影
今日も安達太良山の上は青い空でした。
画像


山頂にある二等三角点(1669.6m)
画像
 
              
あまり風が強いので、カメラはリュックにしまい込み、撮影は夫に任せました。

山頂から見た北方向
牛の背、矢筈森、鉄山、沼ノ平、吾妻連峰
画像


山頂から牛の背へ

写真では表現できませんが、
ますます風がつよくなり、吹き飛ばされそうです。一歩も動けない時も。
人生一番の強風体験でした。
ここが馬の背ではなく、牛の背で良かったぁ~

爆裂火口跡・沼ノ平(深さ150m、直径500m)、 櫛ヶ峰、秋元湖、西大巓、西吾妻山
明治時代にも中規模の水蒸気爆発があったようです。
故・田部井淳子さんはこの景色を見て、登山に目覚めたとか。
画像


引き返すルートはやめて周回コースで下山

くろがね小屋への下山道から見た鉄山
画像


くろがね小屋付近から見た鉄山
画像


くろがね小屋
小屋の裏が岳温泉の源泉地で、小屋にも温泉が引かれています。
画像


ここからの馬車道は嫌になるほど長い九十九折の道でした。
一部ショートカットの旧道を通ってみましたが、急坂で、滑りやすく、やはり馬車道へ。
旧道をトントン走るように下りてた若い人も滑って転んで、照れ笑いしていましたよ。

雨の後で登山道のコンディションが悪かったこと、
山頂から牛の背への道で風が強かったこと
土曜日の紅葉シーズンで人が多かったことなどが重なったためか
標準時間休憩なしで5時間のところ、7時間18分と予想以上に時間がかかってしまいました。
登り返しのない下山が、こんなにきつかったのは初めて、  ふ~っ疲れたぁ~

登山口の日帰り温泉で汗を流して仙台空港へ

ゆっくり牛タンを食べる時間がなく、せめて牛タン弁当を買おうとしましたが、売り切れ。。。
牛タンの口になってるのに~  残念!

白布温泉の社長にいただいたいも煮  西吾妻山で買ったクマよけの鈴
画像
画像


筋肉痛を覚悟しましたが、それほどでもなくて、山旅に少し慣れたのかな?

これで今年の山旅は終わり~
何だかほっとした気持ちも・・・

来期は筋肉痛も覚悟でまた一からです。

拙い山旅ブログにお付き合いくださりありがとうございました。

"今年最後の山旅(2) 安達太良山" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント