青森山旅 エピローグ (青森観光)

青森山旅最終日です。
朝、夫が念のため遺失届をした警察に電話したところ、
青森市の交番にカメラとスマホの入った鞄が届けられていました。

ではどうして警察からの連絡が私のスマホになかったのか?
いやぁ~ 忘れていました
私のスマホは登録していない番号の電話は拒否の設定にしていたのです

え~っ届けられたことが昨夜分かっていたら、もっとよく眠れたのに~と夫

ドジな夫婦の笑い話をネタにと思ったのですが、
お騒がせすることになってしまい申し訳ありません
心配や助言をしていただきありがとうございました

車に乗せてくださった方は青森市の方で青森の交番に届けてくださったのです。
ほんとうに助かりました。感謝感謝です。
交番に届けられたものは管轄の警察署会計課の窓口が受け取り場所だとか。

そこで宿から40分くらいでしたか、青森市の警察署に行くことになりました。

警察署で鞄を受け取った後は、時間的なこともあり、
当初予定していた奥入瀬または中尊寺観光はやめて、
急きょ青森観光となりました。

青森県観光物産館アスパム  ベイブリッジ
DSCN9390.JPG

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
DSCN9426.JPG


ねぶたの家 ラ・ワッセ

青森ねぶた祭りの歴史や魅力が紹介されています
DSCN9428.JPG
体験イベントは休止または縮小されていました

二階の入り口から入り、一階の展示を見下ろしながら一階へ
高さは4~5m
DSCN9405.JPG

DSCN7311 - コピー.JPG

DSCN9410.JPG

DSCN9407 - コピー.JPG

DSCN7317.JPG


この作業を積み重ねて大きな作品になるのですね
DSCN7319.JPG

青森の三大ねぶた祭り
 青森ねぶた (国の重要無形民俗文化財)
 弘前ねぷた (国の重要無形民俗文化財)
 五所川原立佞武多(たちねぷた)

青森県には四十以上のねぶたがあるそうです。
  
地域によって「ねぶた」と表記されたり「ねぷた」と表記されたりします。


弘前と五所川原のねぷたの写真は
2007年に弘前城に行った際に立ち寄った時のものです。

弘前ねぷた(津軽ねぷた村の弘前ねぷたの館)

P1080926.JPG
大型は高さ10m弱

五所川原立佞武多(立佞武多の館)

P1080929.JPGP1080930.JPG
高さ約22m

思うのですが、お祭りはやはりライブが一番ですよね。
実際に見ると迫力あるでしょうねぇ。見てみたいです。




三大丸山遺跡

DSCN7333A.JPG
DSCN9435 - コピー.JPG
ヒョウタン、ゴボウ、マメなどの栽培植物も出土し、
数多くの発見が縄文文化のイメージを変えました。

「縄文時遊館」の「時遊トンネル」を抜けるとそこは
DSCN7330.JPG
縄文時代だった
と言うより整備された公園だった

竪穴建物(竪穴式住居)
DSCN9437.JPG

DSCN9441.JPG

大型竪穴建物
DSCN9476 - コピー.JPG
内部
DSCN9473.JPG

掘立柱建物(高床式倉庫)
DSCN7345 - コピー.JPG

大型掘立柱建物
DSCN9469.JPG
大型掘立柱建物跡
DSCN9468.JPG
柱穴は直径深さとも約2m  穴の間隔は4.2m
クリの柱が残っているところも


盛土
生活廃棄物を捨てる場所で、約1000年間で丘になった
土器・石器、土偶やヒスイ、祭りに関する小型土器など出土

南盛土
DSCN9479.JPG


さんまるミュージアム(縄文時遊館内)の展示

DSCN9501.JPG
DSCN9500.JPG

DSCN9489.JPG
DSCN9488.JPG
DSCN9493.JPG

整理作業室では
土器の接合や復元、実測などの作業が続いています

竪穴建物内での暮らしの様子
DSCN7361.JPG
地球のどこかではつい最近までこんな暮らしをしていたのでは

         
何十万年も前に噴火した火山を見た後、
4000年前から6000年前の遺跡を見ると
縄文時代でも人の暮らしは最近の事なのだなぁとも思えてくる

と感慨にふけりつつ、気になる牛タン
前回、時間がなくて食べられなかった牛タンを食べるため
早めに仙台空港に向かいました。

青森山旅
お天気にも恵まれましたし、
スマホもカメラも戻ってきたし
良かった良かった!
奥入瀬、中尊寺には行けなかったけれど、
以前行ったことがあるので、
初めての青森観光ができて良かったという事にしました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 146

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年12月11日 09:28
カメラとスマホが無事に戻って来て
よかったですね。旅先での遺失物は心細いもの。
交番に届けて下さった方には感謝ですね。
ねぶたの家、一年中ねぶた飾りが見られて、
面白い施設だと思いました。さらに、
三内丸山遺跡にもいかれたんですか。
集会用なのか、来客用なのか、超大型の
竪穴住居(復元)の姿を見ていると、
遠い縄文世界が急に身近に感じられるような
気がしてきます。いい旅でよかったですね。
2020年12月11日 13:30
親切な方なので届けてくださると信じつつ、警察からの連絡がなかったので、不安もよぎりました。
早く届けてくださってほんとうに感謝です。
でも連絡先は教えてくださらなかったようで、お礼の気持ちを伝えることができなかったのは残念です。
ねぶた祭りは映像でしか見たことがなかったのですが、
ねぶたの家では運行しているところは迫力あるのだろうなと想像できました。
そうですよね。何千年も前の縄文の世界、結構現代に近い生活をしていたのだと身近に感じるとともに、人間の進化って案外ゆっくりのような気もしました。
2020年12月11日 16:27
もしかしてご主人のスマホにあなたのメルアドがあれば、同じ苗字だしもしかしてとは考えれませんか。警察が勝手につつきまわすはずはないけど、手掛かりは探すのでは。
青森観光素敵ですね。縄文時代の生活様式の展示は愛媛にもありますが、同じです。あの時代同じ文化を持った人がどんどん移動してる、道もなく、食べ物も不自由ながら単独または家族で。想像するだけで我々の祖先のすごさを感じます。
2020年12月11日 16:33
こんにちわ!
「カメラとスマホ入りの鞄」無事に戻ってきてよかったですね。
まだ青森にいる時でよかったですね。

写真の最後の方のとても立派なお屋敷は、すずりんさんの別荘ですか?
すごい!

地球誕生から現在までを1年としてみると、ホモ・サピエンスといえるのが誕生したのが、12月31日の午後11時37分で、1年のほんのいっときしか経っていません。まして縄文時代はほぼ1年の終わりの数秒といっていいくらい。

それにしても、青森への旅は思い出に残るずいぶん遠くの旅でしたね。
2020年12月11日 19:11
先ずは忘れ物が戻ってきてほっといたしました。
私は、スマホにロックをかけているのですが、紛失しても
解除出来なければ戻ってこないのではと懸念しています。

前に奥入瀬などにも行かれていて良かったですね。
青森では欠かせない場所ですからね。

遠くへの旅行も、行ける時が行き時かも・・そう思うこの頃です。
最近の私はせいぜい2泊3日のゆっくり旅になっていますから。

牛タンの感想も気になります!(^^)!
2020年12月11日 20:57
私もそうですが、スマホを本人認証がないと開かない設定にしている人が多いですから、事件性がない件に関して、そこまではしてくれないかもしれませんね。
夫はロックしていないにも関わらず、調べた様子はありませんでした。
もっとも警察には自宅の電話や住所は教えていたので、そのうち連絡が取れるとのんびりかまえてたのかもしれません。
何千年も前の人達、道具の材料は違えど、今の生活とあまり変わらない文化と知恵を持っていたのだと思うとすごいですね。
愛媛にも縄文の生活様式の展示があるんですか。知らなかったです。
2020年12月11日 21:19
はいカメラとスマホが戻ってきて本当に良かったです。
わけいさんのアドバイス、これからも同じようなことがありそうですから、今後の参考にさせていただきます。ありがとうございました。
そうなんですよね。早く受け取ることができて、その後の観光の撮影もできました。戻ってなかったら、私のカメラを貸してと夫に使われてたと思います。
何より戻ってきて安心して最終日を過ごすことができました。

はい別荘です。今は雪かきが大変です。なんてね。
でも考えてみると、あのお家だと寒いでしょうね。

地球の歴史は火山や人の歴史の比ではないとは思っていましたが
地球の今までを一年とすると縄文時代は数秒ですか。
人の一生は点にもならないですねぇ~
とは言え人一人の一生は重いですね。

失敗も含めて思い出に残る旅となりました。
2020年12月11日 21:49
ご心配おかけしました。無事戻ってきてほっとしました。
私もスマホはロックしていますが、どうなんでしょうね。
スマホを失くした時、自分の端末がどこにあるのか表示させるなどいろいろ機能があるようですが、私は使いこなせそうにありません。

紅葉の頃の奥入瀬は素晴らしいですものね。もう一度見るのもいいなと思っていたのですが、まぁこれも良しです。

つばささんも海外や国内の長い旅からのんびり旅にきりかえられたようですが、私どもも夫は海外はもう嫌だと言っていますし、私ものんびり旅もいいなと思うようになりました。タイトな旅は今のうちですね。
正直今でもかなり疲れますが。
特に山旅は後どのくらいできるでしょう。夫は少々焦り気味です。
2020年12月11日 22:01
そういえば、私もイオンの駐車場でnanacoカードを落として カードセンターから警察に届けられているって連絡あったんですよね。
本当に親切な人が多いですよね。
今年はお祭りもなくって、展示物とはいっても見られたことよかったと思いますし、うらやまし~~です。
来年はマスクと消毒は当たり前になっても観光はどこへでも気兼ねなくいけるようになっていてほしいです。
2020年12月11日 22:30
カメラとスマホ、戻ってきましたか。
良かったですね。
いつだったか、テレビで外国の方が「新宿でスマホを落とした。でも日本人が拾ったらきっと届けてくれると信じている」と言っていました。
そして、翌日には届いていたそうです。
日本は世界に誇れる国ですね。
青森観光に変更したのも良かったですね。
旅はいろいろなことが経験出来て素晴らしいです。
それらを見せていただいて、私までハッピーになりましたよ。
2020年12月12日 01:07
こんばんは。
青森の親切な方がスマホを届けて下さり良かったですね。
世の中、まだまだ優しい人たちで溢れていますね。
予定変更も素晴らしい観光となりましたね。
竪穴建物内の暮らしの様子、少し前までこんな感じ
だったのでしょうね。今はとても便利な世の中になり
ましたが、基本はこんな生活ですよね。少しさ寒いけれど
シンプルでこんな暮らしもいいのかもですね。
イエティ1号
2020年12月12日 10:10
無事に戻って来て良かったですね。

スマホの「着信拒否」に付いては私も最近経験があるんです。
出先の夫とスーパーで待ち合わせ、到着したら電話すればいいや、と簡単に思っていたら私が家にスマホを置き忘れて来てしまって、慌てて店内の公衆電話から夫のスマホに電話したけど繋がりません。
後になって夫と自分のスマホを(夫は苦手なので)公衆電話からの着信を拒否設定してました。

「ねぶた」は写真で見ても迫力がありますね。
実際に見てみたいですね。
牛タンも食べられて、資料館も見学出来て初めての青森観光が出来て良かったですね。
2020年12月12日 15:25
ほんとうに親切な人が多いですね。
心も温まりますよね。
親切の連鎖をさせられるといいなと思います。
消毒、マスク、密は避ける、気を付けながら、気兼ねしながらのの旅行。
頭のどこかに引っかかるものがあって、100パーセント楽しめませんよね。
来年はみんながいつもの生活ができ、思い切り楽しむことができる年になってほしいですね。
2020年12月12日 15:40
私もそのような話聞いたことがあります。
外国では落とし物は戻ってこないのが当たり前で、
日本で落とし物が戻ってくることに驚かれるそうですね。
こんな日本の素晴らしいところを世界に誇って欲しいですね。
この時期感染対策をしながら、後ろめたさと道連れの旅行でしたが、
そう言っていただくと少し心が軽くなります。
2020年12月12日 15:50
はい親切な方で助かりました。ほんとに感謝です。
嫌なニュースも聞きますが、だんぜん優しい、親切な人の方が多いですよね。
人間万事塞翁が馬なんて、そんな大袈裟なことではないけれど、
予定変更も良しとします。違った出合いがありますしね。
道具や暮らし方は少しづつ変わってきてるかもしれないけれど、基本こんな生活の時代が長かったのかなぁと思いました。
2020年12月12日 16:01
カメラとスマホ、無事帰って来て良かったですね。^_^
紅葉の奥入瀬・中尊寺観光、行けなくて残念でしたね。
でも、青森観光・三大丸山遺跡の観光ができて、良かったではないですか。

青函連絡船・八甲田丸保存されてるんですね。
いい船ですね。乗りたかったです。
北海道には、新日本海フェリーばかり使ってて、一度は、青函連絡船
をと、思ってたんですが、昭和63年で運航終了になって、乗れませんでした。

ねぶた、大きいですね。綺麗ですね。弘前・五所川原のねぷたもいいですねぇ。

三大丸山遺跡、綺麗に整備されていて、ホント遺跡公園ですねぇ。
住居なども、復元されてて、参考になります。
・・・がぁ、立派過ぎて。
発掘された当時の姿の方がいいんですけど。^_^
土器も色々発掘されてるんですね。
エッ、石鏃、こんなに沢山あるんですか。宝石の様な石鏃もありますねぇ。
ヒスイの石鏃、有るかもしれませんねぇ。^_^

青森山旅、お疲れさまでした。
青森観光・遺跡見学もさせて頂いて、有難うございました。
2020年12月12日 16:02
はい届けてくださった方に感謝です。

イエティ1号さんもそんな経験がおありなんですね。
迷惑電話が嫌で、登録していない電話番号拒否にしてたのですが、
ついそれを忘れてしまうのですよね。
設定を変えておくか、その都度設定をし直すか。。。また忘れそうだし。
イエティ1号さんはその後どうされたのでしょう。

ねぶたの展示大きくてなかなかの迫力でした。
私の故郷でも太鼓台の展示があるのですが、本番の迫力には到底かないません。やはりお祭りを見てみたくなります。
おいしい牛タンも食べられて満足でした。
2020年12月12日 23:55
カメラとスマホ戻ってきて助かりました。
紅葉の奥入瀬は魅力あるのですけれど、行ったことがあるので、初めての所に行けたことで良しとしました。
新日本海フェリーを使われたという事は、ご自分の車で行かれてたんですね。それはゆったりいい旅されたのですねぇ。
私は新日本海フェリーも青函連絡船も乗ったことがないです。
夫は昔カニ俗だったので青函連絡船で北海道に行ったそうです。

私としてはテレビであまり見たことがなかった五所川原が一番インパクトありました。どれも実際のお祭りを見てみたいものです。

そうなんですよ。盛土や建物跡、御墓跡など、建物で囲ってあり、保存するにはいい方法なのでしょうが。。。
どういう形で残すか議論されたそうですが、結局公園になったとどこかで目にしました。(調べなおそうとしたのですが、どの資料で見たか分からなくなってしまいました)
出土品は膨大な量だったそうで、もっともっとたくさん展示されていました。ヒスイもはっきり分かるものでしたが、ガラス越しできれいに撮影できませんでした😢
まだまだ研究してるようですので、これからも展示品が増えるかもしれませんね。

てくてくさんにしてみれば物足りない報告だとは思いますが、詳しく見ていただいてありがとうございました。
ゆらり人
2020年12月16日 09:22
良かったです~~~~!!!!有りましたね。
最後のエピローグ凄い!
私ならこのねぶた館で3日は何処にも行かずに居れますよ、このねぶたに挑戦もしてみましたが、どうして上手くいきません、インスタで作っている人にも聞きましたが、未だに無理!記憶から消えつつあります。
それに三大丸山遺跡にも3日は動かずに居れると思います。
沢山、歩ければ是非でも行きたいところですね。
こんもりと土を被った竪穴住居で住んで無音の空間で、荒行のごとく耽つて見たいです、でも蓋をされると狭所恐怖症気味ですから狂い死にするかも・・・・(笑)
楽しいい旅をされ忘れものも届き、きっと来年も良いことがる予兆だと思いますよ、後は寒さとコロナとの戦いにご尽力くださいね。
とっても楽しく興味深い記事に見入りました。
2020年12月16日 17:57
先ず湯楽里人さん、寛大な優しいお言葉ありがとうございます。

はいカメラとスマホ戻ってきました!(^^)!
そうか。ゆらり人さんはねぶたを見てすごいなではなく、作りたいになるんですね。
光を取り入れた山車作ってらっしゃいましたね。
青森のねぶたは複雑で大変そうだけど、弘前のねぷただと、ゆらり人さんならすぐできそうですね。でもきっと複雑なねぶたの方を作りたいのでしょうね。
土の竪穴住居、修業場所としてだけでなくゆらり人さんのアトリエとしても面白いかもしれませんね。
でも暗いし、寒いかな。
何故寒さの厳しいあの場所に集落ができたのでしょう???
縄文時代の気候はもっと穏やかだったのでしょうかねぇ。
>きっと来年も良いことがある予兆だと思いますよ。
ありがとうございます。
お互いコロナにも負けず、寒さにも負けず、来年をいい年にしたいですね。
興味を持ってみていただいて嬉しいです。
2020年12月17日 00:39
カメラとスマホが戻って来て本当に良かったですね。特にスマホは無ければ不自由ですよね。それにしてもお二人とも健脚で驚きます。お天気にも恵まれたようで、素晴らしい青森旅行となりましたね。

ねぶたの家、懐かしいです。10年ぐらい前かしら、素晴らしいねぶたに圧倒されました。「次回はねぶた祭に行きたいね」と言いながら、結局行けないでいます。いつかきっと、と思っています。
2020年12月17日 14:27
はい親切な方で助かりました。
スマホはなくすると後が大変ですよね。
主人にしてみればカメラがなくなると大事な青森の山の写真がすべてなくなるわけですから、かなりショックっだったようです。

ねぶたの家araraさんも行かれたのですね。
私達も実際にお祭りを見てみたくなりました。
お互いいつか行けるといいですね。


2020年12月18日 15:28
カメラとスマホが戻ってきて、初めての青森観光もできて、
終わり良ければ全て良しの旅になりましたね(≧▽≦)
未登録の番号からの着信拒否、私は設定していませんが気持ちは分かります。知らない番号からの電話は出ませんから(笑)
ねぶたはどれも色鮮やかで迫力もありますね。細かいところまで作りこんでいて祭りにかける人々の思いまで伝わってくるようです。
今は地球の裏側の事も1分で情報が伝わる時代ですが、脈々と古代からの暮らしがあったからこそなんですよねぇ。
牛タン、おいしかったですかぁ(*´▽`*)
2020年12月18日 16:58
はい、おかげさまでカメラとスマホも戻って、終わりよければのいい旅になりました。
未登録番号の着信拒否の設定は解除しました(-_-;)
解除してから未登録の番号から電話がかかってきたことはないので、
しばらくこれで様子を見てみます。
そうですよね。電話に出なければすむことですよね。
ねぶたは大きくて、立体的でカラフルで迫力がありました。細かくてすごい技術ですね。
ねぶた好きの人の手によるねぶた作りも、だんだん専門化されて、ねぶた師が作るようになり、今は名人も6代目までおられるそうです。
そうですよね。4000年。5000年前と言うと大昔のように思いますが、そこから一人一人の点を繋いで今があるんですよねぇ。
何か縄文の人達が身近に感じられました。
じっくり目の前で焼かれた牛タン美味しかったですよ~
普段は牛タンを好んで食べているわけではないのですが、仙台に行くと食べたくなります。
慈園
2020年12月19日 17:47
忘れ物が戻ってきて本当に良かったですね。
最初は「あら、大変‼」とびっくりハラハラしましたが
やはり日本、そして親切な方で有り難かったですね。

私にとって青森はこれまでご縁のなかったところです。
東北は行きたいと思いながらどこも行けていません。
青函連絡船も一度は乗りたかったし、ねぶた祭りも見てみたかったの。
でもすずりん♪さんの記事で焦りの気持ちが少し落ち着きました(笑)
青森県には四十以上のねぶたがあるのは驚きです。
迫力ある実際の祭りは見事でしょうねぇ♡

縄文時代の人の暮らしに思いをはせる時、その時々のいのちの営みが
今ここに私たちのいのちと繋がって文明文化の恩恵にあずかる暮らしを
感謝せずにはいられません。
忘れものも帰ってきたし、牛タンがチョッピリ気にはなるけれども
素晴らしい旅をなさいましたね。

2020年12月20日 16:00
忘れ物を届けてくださった方には本当に感謝です。
なくし物が戻ってくることに外国のことは驚かれるそうですね。
これは日本の誇るべきことですよね。

夫がお城が好きで、若い時から日本全県のお城を周りました。
ついでに観光もしましたが、お城のない青森市は抜けていたので、
今回行くことができて良かったです。
私も実際のお祭りを見たいと思いました。
東北にも素晴らしいところがたくさんあるので、慈園さんも行くことができる状態になられたら、ぜひどうぞ。

地球の歴史、自然の中で、人一人の命は点にも満たないものかもしれませんが、その一人一人の命を繋いで今の私たちがいて、暮らしがあるんだと思うと感慨深いものがありました。
私達も次の時代に丁寧につないでいかなければと思いました。

仙台空港には早めに着いたので、リベンジの牛タンを堪能しました。
普段そんなに好んで食べているわけではないのですが、
やはり仙台での牛タンは美味しかったです。
お天気にも恵まれ初めて縦走の気分を味わえましたし、人の優しさも感じられましたし、いい青森山旅になりました。
2020年12月20日 17:16
こんにちは☆
大事な忘れ物が無事手元に戻ってきて良かったですね。
親切な人に拾われてご主人様も安堵した事でしょう。
世の中は悪い人ばかりではないと分かって心温まります。
ねぶたの家の展示物は大きくて迫力があります。
これだけのものに制作日数は相当でしょうね。
地区によってねぶたの形が違うのですね?
丸山遺跡、先人の人たちの知恵が垣間見られます。
タイムスリップした感じで拝見いたしました。
アクシデントもおありでしたが、人の善意に触れるよい旅で良かったですね。
2020年12月21日 13:10
こんにちわ^^

鞄、見つかってよかった!
ねぶた、すごい迫力、三大遺跡も見ごたえのあったようで
思い出の深い、いい旅をされたようですね

私は今年は旅行はありませんでしたが、
それなりに思いで深い活動ができました。
今年の年末は当たり前に寒さが押し寄せているようですが、
風邪などひかぬように、
楽しい年末をお過ごしください♪
2020年12月21日 15:48
はい、親切な方で助かりました。
物が戻ってきた嬉しさと、親切な方に出会えた嬉しさと両方でした。
ねぶた、大きいのに細かくて迫力ありました。
専門のねぶた師さんが工夫を凝らして手間ひまかけて作られるのでしょうね。
有名な3か所のねぶたの違いは分かりましたが、40数地区のそれぞれのねぶたがどんなふうなのか、ちょっと興味がわいてきます。
三内丸山遺跡、初め野球場建設の予定だったそうですが、遺跡として残されたのは素晴らしいですね。
山旅は優しい方や楽しい方と触れ合うことが多いのですが、今回は特別でした。いい旅になって良かったです。
2020年12月21日 16:06
コロナ禍での旅に後ろめたさを覚えながらも、
自然、人の知恵、人の工夫、優しい方いろいろ出会えていい旅になりました。

ちいかめさんは展覧会に出展されたり、個展を開かれたり、
新しいことも勉強されたり、コロナ禍でもたくさん活動されましたね。
そのうえ、畑作りから、池づくり、人との繋がりも広がって、いろいろ充実した一年のようにお見受けしました。拝見していて、私も楽しませていただきました。
来年はもっともっと活動が広がっていきそうな予感がしています。
元気で楽しい年末年始をお過ごしください。
2020年12月23日 20:53
訪問が遅くなりました^^;
遺失物が届けられて良かったですね。
私は、定期券にマーカーで電話番号を書いていて、
無くした後、駅から電話がかかって来て、
手元に戻った事があります
日本人てホント親切で、私も親切にしなければと思っています。

ねぶたの家 ラ・ワッセでは無いですが、東北旅行でこれと同じような展示を見た事があります。
続く写真の弘前ねぷたの館だったかも?

三大丸山遺跡には行っていなかった。
トンネルを抜けると、そこは縄文時代ですか
縄文時代テーマパークみたいで、
行ってみたいです。
10万年前の噴火に比べれば、これはつい先日の事ですね。

今年1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します
2020年12月24日 13:59
はいスマホにカメラが戻ってきて助かりました。
受け取りの手続きをしているときに、拾得物を届けに来られた方がいて、
手続きに時間を割いていたので、お手数をかけたのだなぁと、余計ありがたく思いました。
名前を書いていたICOCAを落として館内呼び出しがあったという話を聞きましたが、定期券に電話番号ですか。電話番号だと帰宅後も連絡してもらえますね。

弘前のねぷたの館は有名な弘前城の側なので、アルクノさんが行かれたのは弘前の可能性大かもしれませんね。

三大丸山遺跡は公園として整えられた空間でした。
今も発掘物の研究が続けられていて、まだ進化しているみたいですよ。
10万年前の火山はまだ新しいという話の後だったので、縄文時代となるとつい最近のことに思えました。

こちらこそありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
来年は例年どおりイベントが開催されるといいですね。