有田町

新聞の投書コーナーでこんな文を目にしました。

しばらくは離れて暮らす『コ』 『ロ』 『ナ』
つぎ逢う時は『君』という字に

ほんとうだ、コロナを密にすると君になりますね

コ(子ども・孫) ロ(老人・祖父母) ナ(仲間)

みなさん、そろそろ君に会えましたでしょうか。



                          



2月、ハウステンボスに行った翌日に訪れた有田
アップしそびれていましたが、
すっかり忘れてしまわないうちに思いおこします。

有田駅のホームに降り立つと早速、有田焼がお出迎え
DSCN6123 - コピー.JPG

有田駅から佐賀県立九州陶磁文化館に行く途中の欄干にも
DSCN6126.JPG

《 有田焼 》
佐賀県有田町とその周辺地域で製造される磁器。
日本で初めて焼かれた磁器。
積み出しが伊万里からなされたことから「伊万里焼」とも呼ばれる。


《 伊万里焼 》
有田を中心とする肥前国(現在の佐賀県、長崎県)で生産された磁器の総称。
製品の主な積出港が伊万里であったことから、消費地では「伊万里焼」と呼ばれた。

明治以降輸送手段が船から鉄道等の陸上交通へ移るにつれ、
有田地区の製品を「有田焼」伊万里地区の製品を「伊万里焼」と区別するようになった。
有田を含む肥前磁器全般を指す名称としては「伊万里焼」が使用されている。


《 鍋島焼 》
17世紀から19世紀にかけて、佐賀藩(鍋島藩)において藩直営の窯で製造された高級磁器。


歴史、様式等々調べていくと、きりがないので次へいきます。


《 佐賀県立九州陶磁文化館 》

歴史的・美術的・産業的に見て、重要な陶磁器資料を収集・保存・展示し、
あわせて調査研究や教育普及活動を行っています。

DSCN6128.JPG
DSCN6127.JPG










フラッシュなしの写真撮影は可です

DSCN6140.JPG


九州の古陶磁(江戸時代・一番下の右のみ明治時代)

DSCN6155 - コピー.JPG
DSCN6153 - コピー.JPG
DSCN6156 - コピー.JPGDSCN6149 - コピー.JPG










DSCN6150 - コピー.JPG
DSCN6146 - コピー.JPG










DSCN6148 - コピー.JPG
DSCN6151 - コピー.JPG
                     

有田焼からくりオルゴール時計
(高さ 193cm)
有田を代表する窯元が総力を挙げて制作

30分毎に文字盤が開き、からくり仕掛けが動き出します
DSCN6138 - コピー.JPG
DSCN6143 - コピー.JPG
















子供の姿とオルゴールの曲は季節によって替わります
春・早春賦  夏・夏の思い出  秋・小さい秋見つけた  冬・雪の降る町を



現代の九州陶芸

ガラス越しで、撮影できる角度も限られるので、
色が微妙に違って写り
実物の魅力は出ていませんが、雰囲気だけでも
(腕の問題も大いにありです)
DSCN6132 - コピー.JPG
DSCN6172 - コピー.JPG










DSCN6164 - コピー.JPG
DSCN6160.JPG










DSCN6184 - コピー.JPG
DSCN6133.JPG










DSCN6134 - コピー.JPG
DSCN6135.JPG










DSCN6177 - コピー.JPGDSCN6136 - コピー.JPG










DSCN6182 - コピー.JPG
DSCN6163 - コピー.JPG

















DSCN6158.JPG

DSCN6181 - コピー.JPG
実際はもっと色が深くて魅力的なんですけれど・・・残念!


お掃除していた方が、ぜひこちらをと言ってくださったお手洗い
手洗い鉢、便器、ペーパーホルダー、ごみ入れがお揃いの図柄
三つの部屋、一部屋ごとに図柄が違っていました
  
DSCN6187 - コピー.JPG
DSCN6189.JPG










DSCN6190 - コピー.JPG
DSCN6194 - コピー.JPG



















文化館でゆっくりした後、街に出て遅めのお昼はカフェで
DSCN6201.JPG
2000客以上あるコーヒーカップの中から
自分で選んだカップでコーヒーがいただけます
お料理の器もすべて有田焼
DSCN6198 - コピー.JPG

お店の前にはこんな車が
DSCN6205.JPG

街を歩くと有田焼のお店があちこちに
DSCN6207.JPG


有田町は有田焼一色でした

柿右衛門、今右衛門、深川製磁、香蘭社、源右衛門等の美術館
有田ポーセリンパークツヴィンガー、陶山神社、内山地区の町並み等々
いっぱい積み残しがあります。
もう一度ゆっくり・・・と言う機会はもうないかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 209

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年06月14日 22:58

有田焼、伊万里焼、鍋島焼どれもよく聞く名前ですが、みな高級そうでうちでは縁がない気がします。
違いがよく分からなかったのですが、どれも佐賀近辺の磁器なんですね。
佐賀ではトイレにまで使われていて、驚きです。
車の形をした磁器まであって(笑)、有田焼の模様ですごいですね。

最後の方に「香蘭社」と書かれていたのですが、これも有田焼ですか?
これうちにありました。
有田焼なら明日からは大事に使います。
2020年06月15日 08:42
有田焼は渋い備前焼と違ってカラフルですね。我が家の隣の砥部焼は青色中心で厚みがあり素朴です。それぞれ焼き物には特色がありますね。
我が家に有田焼のお茶セットがありますが、家内がどこかにしまっていて、さてどこだろう?
たくさんの写真でいいブログが仕上がりましたね。
2020年06月15日 14:35
こんにちは。
先週土曜日、次男夫婦が愛知から久々にやって来ましたよ♪
有田焼の器は亡き姑から受け継いだものが3点ほどありますが、どれも大きくて、お正月くらいしか出したことがありません。
でも、有名ですね!
お写真の透かし模様の入った器、私好みです~。
お手洗いにまで有田焼が使われてるんですね。粋な計らいです☆
カフェでの器選びも素敵です。2000点の中から選ぶのは迷ってしまわれたでしょうね。
2020年06月15日 15:58
コドモ、ロウジン、ナカマの次は君なんですね。
コロナの三密で君!
で、君と僕(私)に辿り着く。
コロナ禍であっても、良い繋がりを保っていきたいです。

2月の有田焼を温存していましたか。
焼き物は色褪せないし、季節感も排除して鑑賞できます。
焼き物は学生時代に経験していて、粘土をこねるのが力仕事でした。
気泡や水滴が入ったまま焼くと、それが膨張して粉々に。
大失敗が経験になりました。

「有田焼」を伊万里の港から輸出していたことから「伊万里焼」とも呼ばれるようになったという事で、もともと同じものなんですね。
ところが伊万里焼も別にあるのでややこしいです。
この磁器は陶器よりも更に硬質。
粘土でなく陶石を高温で焼き固めているので、硬くて丈夫。
透き通るような白色が特徴で、欧州の貴族が「白い金」と賞賛していたそうです。
有田焼からくりオルゴール時計がいいですね。
このYouTubeがありました↓
https://www.youtube.com/watch?v=kM0DnKB5USc
金属球による動作音のガチャゴンがうるさいですが^^;
これを有田焼の玉にすると、コンコンと鳴っていいのでは?

現代風作品が色々あるんですね。
トイレのホルダーなら購入できそうです。
お店の前の車、まさか有田焼じゃ無いですね?

積み残し満載だそうで、ネタ温存ですか?
公開を楽しみにしています。

2020年06月15日 19:49
コ・ロ・ナ、つぎ逢う時は「君」。なるほど。

有田駅、十四代柿右衛門さんの作品でお迎え。凄いですね。

エッ、陶磁文化館、撮影O.Kなんですか。いいですねぇ。
色々、いい作品が並んでますね。
からくり時計、凄いです。
2列の下から2番目の右の壺、欲しい。黒い壺も欲しい。
目の毒です。

ギャラリー紫春さんの、山水の壺、凄いですね。お値段はついてない。
高嶺の花ですねぇ。

機会はもうないかも・・・ではなく、コロナ禍、落着いたら行っちゃいましょ。
イエティ1号
2020年06月15日 19:52
こんばんは~。

『コ』『ロ』『ナ』のお話、なぁ~るほどね~、ですね。
私は未だ息子達や孫達、良く会うお友達とも未だに逢って居ません。
会いたいですね~、そろそろ良いですかね?

有田焼、見事ですね。
有田焼のトイレ、使ってみたのですね?
ちょっと恐れ多い勘ですね~。
車にもビックリですが、動くのかな?
重そうですが・・・(笑)
2020年06月15日 22:12
どこのお家にも有田焼の食器はあるでしょうね。
もちろん我が家にもありますよ。

こういう美術館や会館へ行くと 陶はじっくり見て回るので はじめは一緒でも途中から別行動で私はお土産を探していたりかな(笑)

父の施設からはまだ訪問OKの連絡はありません。
横浜ですから・・・
2020年06月15日 22:21
有田焼、伊万里焼、鍋島焼、もともとは同じものだったようですね。
九州陶器文化館のトイレには驚きました。
便器の中まで絵付けされたものもありました。
町のお店には私の手には届かない高いものもありますが、
日常使いにできそうな安い物もありましたよ。
いくら丈夫な有田焼と言えども、有田焼の車だと走っているうちに振動で割れてきそうですね((笑)
有田町の人達は有田焼に愛着と誇りを持ってるんだなと思いました。

うちにも香蘭社、深川製磁がありますが、みんないただき物です。
2020年06月15日 22:40
ありがとうございます。
そう言えば、砥部焼のお湯呑みをお土産にいただいたことがありますが、
青い絵柄で厚みがありました。
以前、砥部焼も若い人は今までとは違う新しいものを作っていると、
nibari1498さんが教えてくださいましたが、
有田焼も現代の作品には私が持っていた有田焼のイメージと違うものがたくさんありました。
夫は渋い備前焼が好きなんですよ。
2020年06月15日 22:56
次男さんご夫妻の久々の訪問、楽しい時間だったことでしょう。
そう言えば次男さんの門出に美濃焼の食器をプレゼントされたのですよね。
お嫁さんが選ぶ時、たくさんあり過ぎて迷うとおっしゃってたのを思い出しました。
お店でコーヒーカップを選ぶ時でさえ迷いましたから、ご自分たちがこれから使う食器を選ぶとなると、それはそうですよね。
文化館内は電気のスイッチカバー、ドアの押し板、何から何まで有田焼にこだわっていました。
どれでもいただけるとなるとどれを選ぶなんて、義妹と話しましたが、
ハーモニーさんは透かし模様の入った器なんですね。
2020年06月15日 23:44
ほんとうにいい繋がりは大事だと思います。

焼き物を経験されていたのですか。
こねるのは力仕事だとよく聞きますが、気泡や水疱をなくすためなんですね。
粉々に・・・は悲しいですものね。
有田焼、伊万里焼、もともとは同じというところは間違いないようですが、
双方を調べると微妙にとらえ方が違うような気もして。。。
双方誇りがあるのでしょうね。
陶石が発見された地である泉山磁石場は白磁ヶ丘公園となっているようです。
オルゴール時計、見ました。ありがとうございます。
忘れていましたが、確かにきれいなオルゴールの音色を邪魔するような大きな音がしていましたね。私が行った時は「雪の降る町を」でしたが。
金属玉を有田焼にするとどんな音になるのでしょうね。風鈴があるくらいですから、いいかもしれませんね。

スイッチカバーはちょっと高め?のお手頃価格で売っていましたよ。
ほんと有田焼らしい塗装の車ですよね。走っているところは見ていませんが。

時間がなくて、行きたい所の積み残しがいっぱいできました。
義妹はまたどこかとセットで来ようよ、と言っていましたが、どうなるかな。
2020年06月16日 00:10
コ・ロ・ナ  つぎ逢う時は「君」と  を誰かが投書し、
それを見た人がコ(子ども)・ロ(老人)・ナ(仲間)を付けたして投書し、
それを見た私は面白いと思ったものですから「子供に孫」、「老人に祖父母」を付けたして載せました。

てくてくさんの腕とカメラならもっと素敵な写真になったでしょうに、
実物の良さがちゃんと出なくて作家さんには申し訳ない感じです。

ギャラリー紫春さん調べてくださったのですね。
このお店には時間がなくてと敷居が高くての理由で入っていませんが、
たくさんあるお店の中には、ざるに積まれたお手頃な物もありました。

また来たいね。もう機会はないかなと言ったら、義妹がどこか行くところを作ってセットで来ようよと言っていましたが。。。
頼りになる義妹なので実現もあるかな?
2020年06月16日 00:29
そうなんですね。皆さんとまだ会われていませんか。
私も、友人と近くの森林植物園を散歩したくらいで、不要不急のお出かけはしてないですね。
自粛解除と言ってもはっきり「あっていいです」と言っているわけではないし、
自分の判断で自衛しながらどうぞって言う感じだから、なんかすっきりしないですよね。

普通のトイレに入ろうとしたら、ぜひこちらを使ってくださいと案内されて有田焼の方を使ったのですが、なんか落ち着かなかったです。
便器の中まで絵付けしてるのもありましたよ。
車すごい塗装でしょ。動いているところは見ていませんが、ナンバーもついていたからちゃんと走ると思いますよ。
2020年06月16日 00:58
有田焼もいろいろあるから、
これは有田焼と意識しながら使ってるだけでなく、有田焼だと知らないで使っているばあいもありそうですね。
コマダムさんのお宅では陶さん作の食器と他の食器と、お料理に合わせて上手に使われてるのでしょうね。楽しそうですね。

陶さんはじっくり派で、コマダムさんはささっと派なんですね。
今回は義妹と行ったのでゆっくり、九州陶磁の歴史のビデオまで見てきました。でもすぐ忘れるので、私の場合ささっとでいいのかもしれません。

県をまたいでは19日からだそうですね。
ただ高齢者施設はどう判断するのでしょう。
お互い顔を見るだけでも安心できるのですけれどねぇ。
2020年06月16日 13:48
こんにちは!
有田町は有田焼一色でした・・に納得しました。
これでもかとばかりに町じゅう有田焼ですね。
橋の飾り物から、お手洗いから、車までとは驚きました。
からくりオルゴール時計、素敵ですね。
香蘭社の器セットは結婚式の引き出物に多いでしょうか。
我が家にも桐の箱に入ったまま、未使用のセットがいくつかあります。
使ってあげないと可愛そうですね。
2020年06月16日 16:32
有田駅前の案内所では丁寧に説明してくださり、どこに行っても有田焼、
みなさんから有田焼愛感じました。
ほんとうに有田町は有田焼の町だと実感しました。
からくりオルゴール時計は初めに見て、時間が来たらまた引き返して作動しているところを見てきましたよ。
桐の箱に入ったいただき物の食器って、一度しまい込んでしまうと、
忘れてしまってなかなか出番がないですよね。
使って~と泣きながら訴えているかもしれませんよ。
2020年06月16日 23:21
コロナ文字、上手く考えてますよね。
からくりオルゴール時計、我が家にも欲しいですが高価そう!
春夏秋冬に流れるオルゴールの曲はいい曲ばかりですね。
聴こえる音色も特別な気がします。
絵柄も時代に合わせてきてますね。昔とはまた違った味わいが。
お手洗いから車まで町全体が有田焼一色に染まってますね。
選んでいいと言えど2000客の中からは、迷って決められないかも。
砥部焼の里へ行った時も陶器の洗面台だったのを思い出しました。
有田焼ほどの色彩はないですが青系の湯飲みを愛用しています。
2020年06月17日 00:46
こんばんは。
とても素敵な焼き物の町、有田町ですね。
2000もの中から自分の好きなカップでコーヒーを
頂く、素敵なカフェですね。私もお気に入りのありました。
焼き物とか無知でわからないのですが、皆綺麗ですよね。
作家さん達の思いも伝わりますね。
お写真もとても綺麗に撮影されていますよ。
コロナの3密の君、文京区と川崎にいるのでしばらく
会えそうにありませんね。
つばさ
2020年06月17日 20:35
有田焼は、流石に見ごたえのある芸術作品ばかりですね。

沢山の作品を撮られたのですね。
きっと、どれも素敵なので、全部撮りたいと思われたのでしょう。

何度かに分けて九州には行きましたが、有田には行けてなくて
残念です。

どのコーヒーカップを選ばれたのでしょうか(^^♪
2020年06月17日 21:02
コロナ面白いですよね。全然気が付いていませんでした。
このオルゴール、有田焼の有名な窯元が結集して作ったのだそうで、想像つきませんが、相当高価なのでしょうね。
オルゴールの音はきれいでしたが、高さが193センチと大きいので、からくりの作動音が騒々しかったです。
帰省した時、砥部焼の窯元に行ったことがあります
白磁に青い絵が描かれたものをイメージしていましたが、
白、濃い青、青白磁、淡黄時などいろいろあるんですね。
きれいでした。
日常には白磁に青の絵が使いやすそうですね。
2020年06月17日 21:17
ほんとうに焼き物の町有田でした。
ゴンマックさんもお気に入りのコーヒーカップ見つけていただきましたか。
他のお客さんもいるし、2000以上のカップ一つひとつは見られませんので、結局周りの中から選んでしまいました。
選んだあとあっちの方が良かったかなぁなんて。。。
焼き物の事、よく分からないので、取り敢えずきれいねとか、これが好きなんてかってなことを言いながら見て歩きました。
写真もよく分からないので、光ったり、映り込んだり、それにどうしても本物の色が出ないのもありました。
褒めていただき嬉しいです。
19日から県をまたいでの移動可になるそうですが、
早く心配なくコロナの三密の君に会いに行けるようになるといいですね。
2020年06月17日 21:28
九州陶磁文化館の作品はどれも高価そうでした。
陶芸のことは分からない私なりに、作家さんの工夫や思いを感じました。
ほんの一部しか撮影できていませんが。
町のお店には高価な物から、私にも買えそうなものまでいろいろありましたよ。
つばささんも九州には何度か行かれているのですね。
私も何度か行きましたが、お城中心のことが多くて、有田は初めてでした。
見るところがいっぱいありそうです。
2020年06月18日 13:15
有田町は有田焼があらゆる所に使われているのですね。
私の中で有田焼はカラフルな色使いと高級品の印象が強くて
使うモノと言うより飾って眺めるモノというイメージなので
雨風にさらされる駅のホームや欄干、汚れるトイレで使って良いのだろうかと
思ってしまいました(笑)
でも現代の九州陶芸の数々は色使いは全く違うし
シンプルだけど凝った形のモノもありとても素敵ですね。
今までは陶器市に行ってもなんとなく遠巻きに見ていた有田焼ですが
今度は近くでじっくり見てみたいと思いました。
2020年06月18日 14:08
まだ十分注意を払いながら、少しずつ
少しずつ日常が戻ってくる感じでしょうか。
さすが、陶磁器の街・有田。駅のホームも、
橋の欄干も見事なものですね。
陶磁会館のからくり時計も素晴らしいし、
街歩きの楽しそうな所だなと思いました。
2020年06月18日 17:32
ほんとうに有田町は有田焼一色でした。
磁器は意外に風雨に強いのかもしれませんね。
トイレのペーパーホルダーとかごみ入れはまだしも、
便器の中にまで絵付けしてるのがあって、
さすがにそこまでは・・・と思いました。
文化館のは九州の焼き物なので有田焼でないものもありましたが、
素敵な物がいっぱいありました。
町のお店には芸術品だけでなく、普段使いに良さそうなお手頃な物もありましたよ。
2020年06月18日 17:56
有田に行ってから後はどこにも出かけられない日が続き、
早くいろんなところに出かけたい気持ちはいっぱいですが、
自粛要請がなくなるとは言え
旅行を思い切り楽しめるのはまだ少し先かなぁ。
有田駅前の案内所でも丁寧に説明していただけますし、
有田焼を存分に楽しめる街でした。
焼き物の知識のない私でも面白かったです。
2020年06月19日 09:36
昨日から雨で少しづつ断捨離、整理しています
すずりん♪さんはお変わりありませんか?

コロナを集めて君、ほんとですね
子供老人仲間、あいたいです

2月に旅行行っておいて良かったですね
焼き物は私も分からないですが
花瓶を集めるのが好きだった母が残した物に
花を活けるのが楽しみです
コーヒカップもこういうので飲むと美味しいんでしょうね
うちなんか百均のお皿ですから💦
良い体験されましたね
2020年06月19日 14:58
昨日、今日と雨で一枚羽織らないと寒いです。
ぺこさんは断捨離を進めていらっしゃるのですね。
わたしもしなくてはと思いながらなかなか進んでいません。見習わなくては。
こどもさんやお孫さんは県内に住んでいらっしゃるのでお会いになれて良かったですね。
御母様は花瓶もお好きだったのですか。残された花瓶や布は今、ぺこさんの生活を彩られているのですね。
うちの食器ももいただき物や引出物なので成り立っています。
それに結婚当時母が用意してくれたものもまだ残っていますよ。
○○焼の好みの食器でゆったり食事は憧れますが、今は洗いやすい物がいいなんて思ってしまいます。
それに食器も断捨離しなくてはね。
有田ではゆったりした時間が持て、目の保養もできました。
2020年06月19日 17:39
実は私は白磁に絵を描く絵付けの教室を持っているのです。
スイスに来てから習得した絵付けですが、こちらではマイセンだけでなく、和風デザインがとても喜ばれます。その絵付けデザインの多くが有田焼から取られています。有田焼の赤はしっかりとしたきれいな赤です。赤には銅を使うので、何度も焼いているうちに銅色に変わるため、注意が必要な色です。

一度有田に行ってみたいと願っているのですが、なかなか行けないのが残念です。
2020年06月19日 21:01
絵付けのお教室を持たれてるんですか。
マイセンも有田焼を参考にしたという事はよく目にしますが、
スイスで和風デザインが喜ばれるなんて素敵ですね。
友人も絵付けのお教室を持っていて、お教室の展覧会に行ったことがあります。
マイセンを参考にしているのでしょうか。洋風デザインでした。
スイスで和風、日本で和風、面白いですね。

白磁や焼き物に詳しいararaにとっては、有田はたくさん見どころがある、より魅力的な所だと思います。
2020年06月19日 21:04
スイスで和風、日本で洋風の間違いです。すみません。
ゆらり人
2020年06月25日 08:37
すごいブログネタを忘れていたのですね。
私なら、せこく2回ぐらいに分けてチョイ出ししてったかも・・・・。
九州も素敵な陶器が沢山あり、有田焼の陶器市も今は昔ですが見切れずに帰った記憶が有ります。
度の陶器もこちらの方では見ることが少ない作風と薩摩の雰囲気も感じるように思います。
この便器に座って用を足すのは如何でしたか、何となく落ち着かないような、汚さない様にと頑張りそう((´∀`))ケラケラ
まだまだ引き出しにあるでしょ、惜しみなく出してくださいね。
2020年06月25日 17:41
いえいえ、忘れていたわけではなく、
アップするのが遅くなって、緊急事態宣言が出されてしまい、
今アップするのもなんだかなぁとそのままになっていました。
何しろ更新するのが遅いもので、時がどんどん進み、
アップしないまま、大したネタでもないし、まぁいいかなんていうことも何度かありました。
とてもいい加減なんです(-_-;)
ゆらり人さんは有田の陶器市に行かれたことがあるんですね。
現代の展示作品には作者と県名が書かれていましたが、何焼なのかはっきり分かりませんでした。
九州陶磁なので薩摩焼もあったかもしれませんね。
今回、九州にはたくさんの焼き物があるんだと初めて知りました。
そうなんですよ。お掃除の方にどうぞどうぞと勧められたものの、このトイレは写真を撮るのも用を足すのも落ち着かなかったです。
引き出しの中、ガラクタばかりで、終活しなくては・・・です。
2020年06月25日 17:44
上のコメントゆらり人様のお名前を書き忘れました。
相変わらずの慌て者で失礼しました。すみません。
2020年07月10日 16:08
こんにちわ、すずりんさん^^
有田焼、つやつやときれいな焼き物ですよね
そして高そう(-_-;)

昔旅行で軽井沢とか行ったとき、当時はまだ旧軽の街並みは古い昔ながらのお店が林立していて、特に焼き物のお店が軒を連ね、
子供のわたしが入ると無数の焼き物が並んでいました
なんでもきれいなものを見るとぼうっと見とれてしまう子供だったわたしは、夢見心地でつやつやのお茶碗に見入ってしまい、
店から出ることができませんでした

陶器のトイレ、陶器の車・・・
何でもやってみる職人たちの遊び心が面白いですね^^
2020年07月12日 21:27
コメント遅くなりすみません。
個展が終わって、もう落ち着かれましたか。

美術館にあるようなものはすご~く高いと思いますが、
街のお店では高いものから安いものまでいろいろありましたよ。

旧軽井沢には焼き物のお店が軒を連ねていたのですか。
今は様変わりしてるのでしょうね。
子供のころからきれいなものに見とれていたのは、きれいなものに敏感だったから。それは今のちいかめさんに繋がっているのでしょうね。

有田の皆さんは有田焼に誇りを持って、みんなで焼き物の街として盛り上げているように感じました。
2020年08月24日 05:09
お久しぶりです。

有田というと柿右衛門の赤のイメージで、あまり興味がなかったのですが、昨年、ある美術館で有田の青をしりました。
行ってみたいです~!
2020年08月24日 13:40
Nyantaさ~ん 
お元気で良かった

私も有田焼のイメージ変わりました。