京都(時代祭・京菓子展)

初めて時代祭に行ってきました。
今年の時代祭は「即位礼正殿の儀」が行われた22日から26日に変更され行われました

それからもう1か月半以上経ってしまいました

綿密な時代考証が重ねられた衣装、祭具、調度品は1万2000点にも及び、
一つ一つ見ていきたいところですが
ここは駆け足で

時代祭
  葵祭、祇園祭と並ぶ「京都三大祭」の一つ
  御所から平安神宮まで約2㎞
  桓武天皇・孝明天皇の神幸列にお供される行列
  平安神宮創建と平安遷都1100年を祝って、1895年(明治28年)に始めら
  れた
  京都市全域からなる「平安講社」全11社が運営


1 明治維新時代
  ① 維新勤皇隊列
  ② 維新志士列
  
 桂小五郎P1270520.JPG
西郷吉之助・坂本龍馬・中岡慎太郎・高杉晋作が続きます

  ③ 七郷落

2 江戸時代
  ① 徳川城使上洛列 
  ② 江戸時代婦人列
和宮
P1270582.JPG


3 安土桃山時代
  ① 豊公参朝列
牛車
P1270607.JPG

  ② 織田公上洛列


4 室町時代
    時代祭が始まった明治時代は、室町幕府を開いた足利尊氏を後醍醐天皇
    と争った反逆者とする歴史観が強く、室町時代は省かれていましたが、
    2007年より新しく加わりました

  ① 室町幕府執政列    
足利将軍
P1270652.JPG
風流踊り
P1270661.JPG


5 吉野時代
    この時代は南北朝時代と覚えましたが?
    ここでも足利尊氏を反逆者とする歴史観により
    後醍醐天皇の吉野朝(南朝)を行列の名前にしたようです
  ① 楠公上洛列
楠正成
P1270677.JPG
  ② 中世(鎌倉・室町時代)婦人列

6 鎌倉時代
  ① 城南流鏑馬列
射手武士
P1270710.JPG

7 藤原時代
    平安時代は藤原時代と延暦時代に分けられています
    藤原時代は平安時代中期以降の藤原氏全盛期の行列
  ① 藤原公卿参朝列
  ② 平安時代婦人列
和気廣虫(和気清麻呂公の姉)
P1270739.JPG

8 延暦時代
    平安時代初期
  ① 延暦武官行進列
  ② 延暦文官参朝列

☆ 神幸列
  ① 神饌講社列
  ② 前列
  ③ 上幸列
  孝明天皇の御鳳輦(ごほうれん・ご祭神の乗る御輿)
P1270783.JPG
桓武天皇の御鳳輦も続きます

  ④ 白川女献花列P1270791.JPG
   右手、左手、時々持ちかえていました
  ⑤ 弓箭組列

御池通で見たのですが、
現代の建物もなく、砂利の敷かれた平安神宮や御所で見物した方がもっと趣がありそうです

1時前から2時間足らず立ちっぱなし、その後少し先斗町を歩きましたので
さすがに夫も疲れたようで、カフェを探して休みました 



✨     ✨     ✨     ✨     ✨     ✨ 


11月初旬、義妹と比叡山でゆったりブラ女子会

比叡山に行く前に京都で京菓子展へ

京菓子展2019 「手のひらの自然ー万葉集」
  11月2日~11月17日
  本会場     有斐斎弘道館   
  特別会場    旧三井家下鴨別邸
  今年のテーマ  万葉集
  
  600点余の応募作品の中から入選作品
  デザイン部門   19作品 
  茶席菓子実作部門 32作品
  工芸菓子実作部門 7作品
  計58作品(本会場37点、特別会場21点)が展示されました


  有斐斎弘道館の会場に
  有斐斎弘道館
   儒者・源川淇園が創立した学問所
DSCN5716.JPG
DSCN5718.JPG


それぞれのお菓子には銘と作者と万葉集の参考箇所が添えられています
DSCN5741.JPG

デザイン部門
                                    
DSCN5721 - コピー - コピー (3).JPGDSCN5738 - コピー.JPG
      もみち葉散る             出立・月


DSCN5732 - コピー (3).JPGDSCN5729 - コピー (2).JPG
       はしけやし              惜別の君


DSCN5740 - コピー (2).JPGDSCN5725 - コピー (2).JPG
       春野の霞               宙(そら)


DSCN5734 - コピー (4).JPGDSCN5736 - コピー.JPG
       心細い船                紫草 


茶席菓子実作部門

DSCN5726 - コピー (2).JPGDSCN5745 - コピー.JPG
        玉響                いとし君


DSCN5748 - コピー.JPGDSCN5757 - コピー.JPG
        旅糸                おもかげ


DSCN5747 - コピー.JPGDSCN5743 - コピー.JPG
       月の航海               賜り物


DSCN5756 - コピー.JPGDSCN5742 - コピー (2).JPG
       恋君想ふ                心、潤す


DSCN5751 - コピー.JPGDSCN5768 - コピー.JPG
       愛しさ                 割愛


DSCN5752 - コピー.JPGDSCN5758 - コピー.JPG
        月舟                 天の海


DSCN5759 - コピー.JPGDSCN5746 - コピー.JPG
       淡月草                きもち                                                                                         
           
工芸菓子実作部門

DSCN5771 - コピー.JPGDSCN5753 - コピー.JPG
        萌春                 花簪


DSCN5754 - コピー.JPG
月の雫
天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎ隠る見ゆ

見終わった後は、まったりお抹茶
義妹は「月の航海」 私は「賜り物」をいただきました
他に「玉響」も選べましたよ

展示してるお菓子は毎日取り換えているそうですが、
それでも午前中の今が一番きれいで、夕方になると乾いてくるそうです

昨年の源氏物語も見たかったな~

お昼ごはんをすませた後は京都駅からホテルのバスで、比叡山のホテルに向かいました

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 94

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年12月14日 20:16
こんばんは。
すずりん♪さん、時代祭にお出かけでしたか。
私は祇園祭(宵山)しか観たことがありません。
こういう由緒あるお祭りは京都ならではの行事ですね。
有斐斎弘道館、侘びのある建物ですね。
そこでの京菓子展、美味しそうな生菓子が並んでますね。
こういうお菓子、大好きなんです(笑)
万葉集の箇所が添えられているのも心憎い試みだと思います。
もみち葉散る、紫草、旅糸なんか食べてみたいな。。
アア~、羨ましい~🎶

良い旅をされましたね☆
2019年12月14日 21:31
前記事で、富士山5合目へ単車で登ったのは四十代の前半で、約30年前です。
夏の終わりでしたが、5合目は寒かったのでうどんを食べました。
ところが気圧が低いため沸騰温度が低いのか、おつゆがぬるかった^^:
その単車は、
阪神大震災で道路被害があって乗れなくなって、
のちに処分デス。
因みに、納豆は現在も敬遠してます^^;

時代祭、まだ見た事が無いんです^^;
「祇園祭」は1000年以上の歴史があり、「葵祭」は、上賀茂神社と下鴨神社の例祭で平安時代から続いています。
「時代祭」は歴史が浅いですが、参加人数が2千人規模と凄いです。
その様子を歴史的解説入り+撮影で、凄いです
これは2時間弱の立ちっぱなしでしたか。
山歩きで鍛えた健脚が支えてくれましたね

続いて「京和菓子展」。
美味しそうな芸術作品です
ネーミングに合わせた造形が見事で、贈呈します
受賞作と似たようなものが食べたくなります
と思ったら、それを頂けるんですね
私はSFに興味があるので、宇(そら)を頂きたいデス。

2019年12月15日 08:27
HN書いたつもりが抜けていたみたいです↑
すみませんでした
アルクノ
2019年12月15日 11:20
時代祭はテレビのニュースでしか見たことがなかったのですが、
一度は見てみようと行ってきました。
京都三大祭の中で、一番初めに見たからかもしれませんが、私は祇園祭が一番面白いと思いました。
有斐斎弘道館は存続の危機もあったようですが、ちゃんと保存されて良かったです。
万葉集には(じゃなくてにも)明るくなくて、添えられた参考箇所で聞いたことあるなというのは一つしかありませんでした
私も和菓子大好きです。ずっと見ていたい物も多かったですが、食べても美味しかったです。
2019年12月15日 12:06
いえいえ、お名前がなくてもアルクノさんだと分かりましたよ。
単車を手放されたのは阪神淡路大震災に起因するものだったのですね。
気圧が高いと沸点が低くての話はよく聞きますが、おうどんのおつゆがぬるかったのも後になれば楽しい思い出ですね。
納豆が食べられなくてもあまり困らないですけれどね。。。

時代祭、行列に参加している人は多かったですが、突っ込みどころがありました。
紛争した横でバッグを持った現代の着物を着た夫人が歩いていたり、
各時代の後ろを歩く集団はどの時代もあ同じ裃姿の男性だとか、
馬の横についている人にTシャツの人がいたり、
何か訳があるのかもしれませんし、細かい事言わないのって怒られそうですね。

京菓子、美しい時が一日という儚い芸術作品です。
応募する人はテーマの万葉集に沿っていろいろ試行錯誤されるのでしょうね。
いただけるのは月の航海、賜り物、玉響の三つで一つ選びます。
宙はこなしなので月の航海と似たお味かと思います。
ちなみに賜り物はねりきりでした。
2019年12月15日 13:06
京都の時代まつり、素晴らしいです。歴史好きな私にはそれぞれの時代の衣装が目を引きます。一度は祭りを見たいけど夢でしかかなわないようです。京都にはもう10回ぐらい行きましたが、いつもお定まりの場所ばかり。

甘いもの好きの私にはあの京都の和菓子、全部順番に日を変えて食したい。芸術品ですね。

有難い写真ばかりです。
カメさん
2019年12月15日 13:18
貴重な時代祭を見られてナイス。
参加者の衣装だけ見ても、
当時が事が思い浮かべれますね。
お天気も良く素晴らしいお祭りでしたね。
2019年12月15日 16:59
時代祭、雅で豪華絢爛、凄いですね。
ただ、背景が現代なんで、チョット、残念ですね。
仰る様に、平安神宮や御所がいいですね。来年は、是非、平安さんで・・・^_^

それにしても、凄い人。すずりん♪ さん、頑張りましたね。凄いですね。
てくてくは、人の多い所は、苦手なんで、すずりん♪ さんの写真で、鑑賞させていただきました。

京菓子展、こちらも、雅な和菓子が沢山。
てくてくは、花より団子で、こちらの方が・・・アッ、頂けないんですね。ガクッ。
2019年12月16日 14:31
こちらからなら思い立ってすぐ日帰りで行くことができますが、
時代祭の行列は一年で一日だけですから、それに合わせて京都に行かれるのは大変ですよね。
写真はたくさんあるのですが、かなり省いているので、
歴史に詳しいnibari1498さんが実際に行かれたら、私などよりもっともっと深く見られたのではないでしょうか。

私も同じくこれらの京菓子を日替わりで全部食べてみたいと思いました。
いつもnibari1498さんがお土産にいただく岡山の和菓子をうらやましく拝見しています。
 カメさんへ
2019年12月16日 14:32
2019年12月16日 14:41
現代の背景がちょっとうるさいですが、衣装はその時代時代でかなり考えられているようで、その時代や人物に思いを馳せるのもいいですよね。
お天気も良く季節もいい時なのでお祭りを見るにはいい日でした。
2019年12月16日 14:56
そうなんですよね。現代の建物や人、アスファルトの道に少し興ざめしてしまいます。
でも平安神宮や御所はもっと人が多くて混雑してそうです。

以前祇園祭を見た時はもっと人が多かったので、時代祭では意外に人が少ないんだと思いました。
関係者さん以外のリピーターさんは祇園祭より少ないのかなぁ?なんて。。。

京菓子どうぞ召し上がれ!と言いたいところですが、絵にかいた餅状態ですね。
私もいただいたのは一つだけですよ~
2019年12月16日 18:32
今晩は(^_^)

私もたまたま地下鉄を降りて外に出たら時代祭の行列に出会ったことがあります。
タイムスリップした気分になりますね。
食べるのがもったいないぐらいのお菓子の数々、京都を感じられて良いですね。
2019年12月16日 21:58
はい、少しの時間タイムスリップしてきました。
背景も昔に変わるともっといいのですけれどね。
京菓子、万葉集のそれぞれのイメージを膨らませて作るのでしょうね。
きれいでした。
そちらにも美味しい和菓子がたくさんありますよね。いいですね。
2019年12月16日 22:32
さすが京都。
時代を追って様々な人の衣装や乗り物がが変わっていくのが興味深いです。
和菓子もいろいろな姿を見せますね。
日本が誇る美しい芸術品だと思います。
時代祭、京菓子展と良いものをご覧になりましたね。
近くだったら目の前で見てみたいと思いました~♪
2019年12月17日 23:12
時代祭も一度は見てみたいと思っていましたが、やっと行ってきました。
時代を遡っていくのが面白いですね。
和菓子は見て美しく、食べておいしく、
和菓子好きの私は期待以上に楽しめました。
京都はまだまだ興味深いところがありそうです。
2019年12月18日 16:57
こんにちは。
時代祭、豪華で素晴らしいですね。
お衣装もとっても綺麗。凄い人だったのかな。
こうして見させていただいて嬉しいです。
京菓子、美しい、まさに芸術作品ですね。
食べるの勿体ないけれど、美味しかったでしょうね。
2019年12月18日 21:38
現代から過去へさかのぼっていくのですね。
聖徳太子の姿はなかったのかしら?


京菓子は見てヨシ、食べて良し、 お値段も良し・・
名前も趣向を凝らし なっとく~のものもあれば 「なんで?」と感性のなさにがっくりすることもあります。
愛しさ は透明感があって好きですね。
2019年12月18日 23:21
時代祭も一度は見ておこうと考えていたのですが、今まで機会がなく、今回初めて行ってきました。
祇園祭がすごい人だったので、覚悟して行ったのですが、
それに比べると、それほどでもありませんでした。
京菓子展、比叡山に行く前の時間にちょうどいいと義妹が見つけてくれました。
とても素晴らしく、行って良かったです。
もちろん美味しかったですよ~
2019年12月18日 23:50
聖徳太子の時代はなかったです。
天皇が京都におられた明治維新時代から平安時代という事なのでしょうか。
となると吉野は???

京菓子、おっしゃる通り、見て良し食べて良し、
お値段はついていませんでしたが、
お抹茶とお菓子をいただくと入館料プラス1000円でしたので、お値段もよしという事になりますね。
そうですよね。中身は分かりませんが、見た目はその辺で売ってそうなのも。
愛しさは外の光が入るところに飾っていたので、余計透き通ってきれいでした。素材は外郎と錦玉だそうです。
2019年12月19日 15:01
時代祭、色々な時代の衣装や調度品が見られるし
歴史を感じられて面白そうですね。
明治時代に始められた祭だから、
その時代の歴史観が祭にも現れていたのですね。
それを知ってから行列を見ると
江戸時代に将軍が一人もいないのも、夫人列には和宮というのも、
南北朝時代と言わないのもうなづけます。
一度は見たいお祭りの一つになりました(*'▽')
和菓子はどれも素敵ですねぇ。洋菓子には無い美しさ、
日本ってイイなぁと思います。
2019年12月19日 20:26
 お馬ちゃんで地元のお祭りに出たこともあるので、ちょっとばかりご説明を。
 馬に乗る方(役付き)が乗馬にたけている場合以外は、その馬のお世話係が付かないと何かあった場合に大変なことになってしまいます。音やフラッシュに驚いて立ち上がったり、最悪の場合、走り出したり・・・馬の変化を感じてすぐに対応するには、着物を着て草履では難しいと思われます。Tシャツの方はそういう関係かもしれません。
 和菓子、いいですね。紫いろは微妙かなぁ。
2019年12月19日 22:01
室町時代が追加されたのはテレビで見た記憶があるのですが、
それからもう12年も経ったんだぁと、ここでも時の経つ速さを感じました。
後は何の予備知識もなく見たのですが、
南北朝時代ではなく吉野時代だったのが気になって調べてみました。
なるほど明治時代に始まった京都の平安神宮のお祭りだからなんですね。
和菓子は銘に添った心をお菓子で表すなんて、素晴らしいですね。
繊細で美しい和菓子は日本ならではですよね。
2019年12月19日 22:12
お馬ちゃんの側についているTシャツの人については何となく想像できましたが、説明していただいてよく分かりました。
これで納得できました。ありがとうございます。

「紫いろは微妙かなぁ」は私も思いました。あまり食欲をそそられませんね。
でも個性的で、今までにはない発想かなぁとも思いました。
デザイン部門だから実作者とは違う感性なのでしょうか。
2019年12月19日 22:35
時代祭を一度は見たいと思いながら、テレビのニュースで見ているだけです。2時間立っていたとは、お疲れさまでした。
京菓子展にはおいしそうな和菓子が展示してありましたね。
2019年12月20日 18:12
私も一度は見てみたいと思っていましたが、今回初めて行くことができました。
最初から最後まで見ると約2時間かかりましたが、
ネットでも買える有料観覧席もあるようですよ。
でも全席指定なので、後ろの方だとかえって写真撮影などはしずらいかもしれませんね。
京菓子は美しくて、美味しかったです。
2019年12月20日 22:57
京都の時代まつりはこのように、近い時間系から始まってだんだんと古い時代に入っていくのですね。知りませんでした。なんと無知なことか! 一度行ってみたいなと思いました。

京都の和菓子、素晴らしい芸術ですね。食べるのが惜しくなりそうですが、でもやっぱりおいしそうです。何しろ餡子が大好きなものですから和菓子には目がないのです・・・
ゆらり人
2019年12月21日 11:04
 良い場所で見れましたね、周りの邪魔も無く綺麗に撮れていますよ。
すずりんさんは何時も丁寧に編集されすごくよく分かります。
 私なら多分画像だけ垂れ流しにしていると思いますよ。
本悪的な和菓子もここしばらく、口にしていませんがこういうのを見ると日本人で、良かったと思います。
やけに甘くなくそれでいて、後を引く甘味に奥深さを感じますね。
ご馳走様でした。
2019年12月21日 22:45
時代祭について私もほとんど知りませんでした。
調べて行くともう少し丁寧に見られたかなと反省しています。
知らないで行って疑問に思ったことを帰ってから調べるというのも面白かったですが。

京菓子展、とても良かったです。
たくさん作って販売するものではないので、思い切り手をかけて表現しています。まさしく芸術品ですね。
餡子がお好きなんですか。私も大好きなんです。
2019年12月21日 23:06
御池通りの行列の左側にいたのですが、思ったより人が少なく一列だったので一番前で見られました。
疑問に思うと調べたくなって、調べたら書いてしまいます。
面倒くさっ!と思われる人もいるのではないかと心配しながら書いていますが、
そう言っていただくと嬉しいです。
ほんとうに和菓子は見た目も繊細で美しく、何とも言えない優しいお味ですね。
義妹と来年も行きたいねと話しています。
お粗末さまでした。
ひま爺イヴ
2019年12月23日 21:24
僕も充電完了しました。
のぞきに来てね。
「宙」 … 「令月風和」を想いおこす、そして「~ありがとう~」と言いたくなる、すてきな言葉ですね。
2019年12月23日 22:13
お久しぶりです。
フル充電できましたか?
イヴさん全角に変わったのですか?
「令月風和」とは何?と思ってググってみると、
なるほどひま爺イヴさんならではですね。

近日中に伺いま~す。