編笠山登山

二日目は
名古屋から八ヶ岳に移動して編笠山登山です(10月中旬)

編笠山(2524m)
八ヶ岳連峰の最南端に位置し
山梨県北杜市小淵沢町と長野県諏訪郡富士見町との境にある

観音平登山口(1560m)→ 雲海(1880m)→ 押手川(2100m)→ 
編笠山(2524m)→ 押手川 → 雲海 → 観音平登山口 

標高差964mの直登 

赤い実線が歩いたコース
DSCN7383.JPG


10月中旬平日のこの日は観音平駐車場には数台の車しかいませんでしたが、
シーズンの土日は満車になることもあるようです

DSCN7114 - コピー.JPG






観音平登山口から出発







登り始めはなだらか るんるん
DSCN7116.JPG
少しガスがかかっていて心配です

モアイ像?の横を通って
DSCN7122.JPG

赤い矢印が道標  少し紅葉が
DSCN7134.JPG

 休憩ポイント・雲海 (下山途中の写真を使用)
DSCN7224.JPG
石づくりのベンチがありますよ
DSCN7137 - コピー.JPG

道の様子が変わってきます
DSCN7153.JPG

DSCN7221 - コピー.JPG





休憩ポイント・押手川
青年小屋への巻き道との分岐点




押手川から急登が続きます
もう少し長い脚が欲しい~
DSCN7168.JPG

大きな石ゴロゴロの道を四肢を駆使して、ひたすら登ります 
時々振り返って ふ~
DSCN7171.JPG

雲海の中に南アルプスが (南方向) 
DSCN7173.JPG

雲に覆われた富士山が~ (南東方向)
DSCN7180.JPG

編笠山山頂 (2524m)
頂上は広く火山岩がごろごろ
DSCN7207.JPG

うっ~すら中央アルプス 下に富士見町(南西方向)
DSCN7198.JPG

南アルプス(南方向)
DSCN7205.JPG


ここで会った感じのいい男性の二人連れ(親子?)は
少し下って青年小屋でテント泊するそうで、権現岳、西岳に行かれたのかな

夫は編笠山からすぐ帰るのはもったいないと言っていたので、
一人ならこの二人連れの様に宿泊して縦走したかったのでしょう

(北東方向)
DSCN7212A.JPG

私達は来た道を下山
お名残惜しいですが、南アルプス・雲海とお別れです
DSCN7219.JPG

今日は雲が多くて山並みはきれいに見えませんでしたが、
おかげで雲海はたくさん見えました

これが初心者にお勧めの山???
と思うくらい押手川からの急登は私には厳しかったです


下山後、河口湖近くのホテルへ

そこで働いている女性の話

「通勤途中富士山を見るのが当たり前になっています」
いいですねぇ~

「若いころは富士吉田の自宅から歩いて富士山に登っていました」
へぇ~~すごいですねぇ
富士山の裾野と言えば青木ヶ原の樹海しか思いつきません
私には無理~

「富士の裾野の道を歩くのもいいものですよ。ぜひ歩いて登ってみてください」
ちゃんとした道があるんですね~

「ふたりでの登山続けてくださいね。どこかの山でお会いしましょう」
お会いできればいいですね~

初めは日帰り登山をしていた夫ですが、最近は縦走をするようになりました
この夏は夫の山登りについて行くのを2回ほどパスしましたし、
今回登ってみて、
もう夫との山登りはちょっと無理かなと思っていたところですので、
さて、次の登山はあるのか? お会いすることができるでしょうか?


明日は平地なので、ほっ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 91

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年11月17日 04:26
おはようございます。
頂上からの展望が素晴らしいですね。
雲海がなんて素晴らしいのでしょう。
モアイ像のような岩、森を見守っているのですね。
山の天気はわかりませんね。
山登りをする人たち、尊敬します。
これからも頑張って登って下さいね。
バンビ2
2019年11月17日 18:38
こんばんは~♪

山登りなんて 素晴らしいですね。
私はもう高齢で 歩くのがやっとなので。
素晴らしい眺めで 良い登山でしたね。
普段運動すれば まだ登れますよ。
これからも 頑張ってくださいね。
ちまり
2019年11月17日 19:06
こんばんは
頂上から見渡す景色、素晴しいですね。
このような素晴らしい景色を見ると
疲れも吹き飛ぶのでしょうね。
これからも綺麗な山の風景写真を
見せてくださいね(^^♪
2019年11月17日 20:52
最初はなるほど、ルンルン!
私ですら”登れそう”と思ったくらいですが、
後はなかなかの健脚でないと、とても無理そうです。

雲海も見れて、頑張られたのですね。

私たち夫婦はテニス三昧で過ごしてきましたが、
二人とも健脚とは程遠いのが現状です。

登山がご趣味の方をいつも羨ましく思っています。
ご無理なさらずに、長く楽しんでくださいね。

河口湖からの富士山は、数年前ですが
私も見ることが出来ましたよ。
2019年11月17日 21:19
頂上についてほっとして、周りを見渡した時は、登って良かったと思います。
朝はガスがかかっていたのでどうなるかなと思いましたが、
晴れてきて良かったです。
ただ雲が多くて山々は雲の上に頭だけ出している状態でした。
私は雲海が好きなので、それなりに楽しめましたけれど。
モアイ像のような自然の岩面白いですよね。
私の場合は行きがかり上始めた登山なので、ずっと初心者のままです。
2019年11月17日 21:35
雲が多い日でしたが、それはそれでいい眺めでした。
何もしないでゴロゴロしていては体力も筋力も落ちますよね。
夫にも言われます。
普段から運動しなければいけないと思うのですが、なかなか
バンビ2さんはちゃんとウォーキングされていて素晴らしいですね。
ちなみに夫も毎日歩いています。
2019年11月17日 21:48
いつも登っているときはもう山には登らないと思うのですが、
頂上に着くと登って良かったと思います。
今回は急登で足が疲れ、下りで足の踏ん張りがきかなくて、膝がガクガクしていました。
体力も筋力もない私にとっては大変ですが、山旅はとっても魅力的です。
また山旅報告ができるといいのですが。
2019年11月17日 22:09
そうなんですよね。初めは散歩気分だったのですが、だんだん厳しくなってきて、特に押手川からは急登が続き大変でした。
少しづつ視界が開けて行って眺めがよくなり、頂上に着いた時はやはり登ってきて良かったと思います。

つばささんご夫婦。、テニス三昧の時期がおありだったのは素晴らしいですね。
私もテニスはしていましたが、中途半端で、今の山登りと一緒です。

私たちはどうも富士山には縁がないようで、ちゃんと見られたことがないんですよ。全体を見たのは新幹線の中からという何とも悲しい話です。
したいことリストに富士山の全容を見ることを入れようかな。
2019年11月17日 22:09
素晴らしい眺めですね。
山を登った方だけが見られるご褒美のような気がします。
それにしても健脚ですね。
ビックリしました。
子供の頃、富士山の見えるところに住むのが夢でした。
まだ、夢はかなっていません。
今は、高いビルから偶然見えたらワクワクすることで満足しています。
笑わないでくださいね。
2019年11月17日 22:25
はい、私もこの眺めはふ~ふ~、は~は~のご褒美だと思います。
いえいえ健脚とは程遠いです。このコースは初級だそうですし、
下山してる時は膝がガクガクしていましたし、下山後2、3日筋肉痛でしたから。
実は私も山旅で富士山の全容は見たことがないんですよ。
うふふさんと同じく東京の高いビルとか、新幹線の車窓から見える富士山にワクワクしています。
やはり富士山は素晴らしいですね。
Nyanta
2019年11月17日 23:05
新幹線の中、大宮近くから見える富士山に大騒ぎですよ、東北人は~(*´▽`*)

山登り、下りが膝にきますよね。わかる!
2019年11月18日 00:15
いやあ、本格的登山ですね。チャレンジしたこと自体がすごい!と思います。ご主人の気持ちも分かりますが、いつまで一緒にできるか不安を持たれる気持ちはよく分かります。ハイキングではないのですから。少なくとも私にはもう絶対に無理なコースです。よく頑張りました。
登山の醍醐味を一度味わうと、忘れがたき記憶になって繰り返すようですね~。
2019年11月18日 08:11
脚が達者なんですね。山登りは苦手なうえに脊柱管狭窄症があって、平地でも40分歩くと腰が痛くなります。
若いころ四国最高峰石鎚山の頂上でで一泊したのが登山の最後の想い出です。
藤沢に住む我が友人は山岳写真家。山好きは多いですね。
2019年11月18日 08:26
おはようございます😃
11月入って私にしては元気で出歩いてたのですが
1日出掛けるとあくる日は ゴロゴロ
すずりん♪さんブログにお邪魔したため
凄ーい登山までされててびっくりです‼️

名古屋城のステキな画像拝見して
お元気そうで良かったって思ってたら
八ヶ岳は登山ですか
険しい道もこの景色を見るためなんですね
雲海の中の富士山なんてなかなか見れませんね
すずりんさんのブログで私も頑張ろうと力を頂いています

22日に以前すずりんさんブログで拝見して
行きたいなって思ってた
神戸港クルーズがある日帰りバスツアーに行って来まーす
2019年11月18日 10:29
おはようございます。
すずりん♪さん、登山されたのですね。
「ふ~」と言いながらもちゃんと登頂(?)されたんですもん、すごいです!♪
私なんか、とても無理(苦笑)
山並みの景色、雲海などは登山された方しか味わえないでしょうから、羨ましくも思います。
ご主人様、山を愛しておられるのですね!
出来るなら、今後もご夫妻そろって登山なさってくださいね~♪
カメさん
2019年11月18日 13:15
健脚ですね。
感心しますよ。
お疲れになったでしょうね。
2019年11月18日 13:31
こんにちは。
編笠山登山、お疲れさまでした。
私は八ヶ岳方面には一度赤岳に登った経験しかありません。
編笠山の名前は知っていましたが、具体的な地理や山容、コース状況など調べたことはなく、この記事を読んで、なるほどいい山だなと思いました。
登山口からの標高差が千m近くあり、押手川から急登続きということで、しんどかったことでしょう。
快晴ならもっといい展望が拝めたのでしょうが、いっぱい雲海が見えていましたね。
編笠山から権現岳へと縦走できるようで、面白いと思いました。
2019年11月18日 16:33
編笠山登頂、おめでとうございます。
標高差964mピストンされたんですね。達者ですねぇ。^_^
アプローチ、樹木が色ずいて、秋の雰囲気一杯で、いいですね。

雲海の向こうに、南アルプス、中央アルプス、富士山。
いい眺めですね。
大きくして見ると、一層、いいです。^_^

編笠山、二等三角点があるんですが、タッチされましたか。

ご主人、山にはまっちゃいましたね。すずりんさんも頑張って、ご一緒に。

2,524m日帰り登頂、お疲れさまでした。


以下、またまた、お節介コメです。
写真、大きくするのに、2回クリックして見ましたが、ワンクリックで、大きくすることできます。
ログイン☞設定☞ブログ設定☞画像詳細ページ
で、「表示する」を「表示しない」に変更。

大きくして見たい、てくてくの、お節介コメでした。
2019年11月18日 18:04
こんばんは。

山登り、お疲れさまでした。

雲海の美しさに見惚れました。
最近は飛行機の上からしか見たことないです(笑)

雲より高い場所って、大好きです(^o^)
2019年11月18日 21:39
直登・・・もう何年もしておりません、ハイ
のんびり緩やかが大好きなので日帰りなんてトンでもございません。
陶は赤城山に仲間と行って帰ってきました。
山頂は冬景色だった様です。

南アルプスは仙丈ケ岳には行ったことがあります。
2019年11月18日 21:43
関西人も新幹線からの富士山が最初の人が多いかもです。
富士山には縁がないのですが、
蔵王はもっとひどくて、2度行って、2度雨とも雨でした。
下りの膝のガクガク分かっていただけて嬉しいです。
2019年11月18日 21:50
はい、山は魅力的です。
夫はすっかりはまっています。
私はもう登らなくてもいいかなとも思うのですが、また行きたくなります。
それに次男の眠る西吾妻山にはまだまだ行きたいので、山登りを続けてないと行けなくなりますから。

 nibari1498さんへ
2019年11月18日 22:03
お友達に山岳写真家がいらっしゃるんですか。憧れます。
私は初心者ですから、健脚とは程遠いです。
中学校の校外学習で笹ヶ峰に登って一泊した思い出がありますが、
最近、石鎚山、亀ヶ森、笹ヶ峰に行きました。
母も脊柱管狭窄症です。何かいい治療法があるといいですね。
2019年11月18日 22:56
私はぺこさんお出かけが多くなって、お元気で良かったと思っていたんですよ。
お出かけの後はゴロゴロ同じですね。
それでも涼しくなって少し元気になったと思います。昨年もそうでしたが、やはり夏の暑さは堪えますね。
普段の私からすると山登りなんてよくできるな~と、自分でも思います。
どこでもドアを開ければ頂上で、そこから山の景色を眺めながら縦走ができるいいなぁと思います。

22日に神戸に来られるのですか。
私もランチに三宮まで行くかもしれません。ひょっとしてニアミス?
ぺこさんクルーズ船に乗っておられる頃かなぁなんて想像しながら過ごしますね。

お互い励まし合って楽しく過ごしましょうね。
2019年11月18日 23:13
はい何とか頂上にたどり着きました。
快晴ではなかったので山並みの見え方はもう一つでしたが、大好きな雲海は見られました。
登山するとは、ゴロゴロしている普段の私からは想像できないようです。
山は魅力ありますよ。
私は体力がないので少々ですが、夫はすっかりはまっています。
私がついて行けるのは初級の山だけですので、あまり行けないかな。
2019年11月18日 23:29
はい疲れました。
下山する時足はガクガク、
登山後は2、3日は筋肉痛で、階段の上り下りが大変でした。
2019年11月18日 23:49
はい大変しんどかったです。
赤岳に登られたのですね。編笠山より300m以上高い山ですよね。
当初の計画だと、編笠山頂上から青年小屋に下りて巻き道を押手川に戻る計画だったようですが、出発が遅かったことと、登るのに時間がかかったので、登った道を下山しました。
編笠山から権現岳ともうひとつ西岳だったかなに縦走できるようですね。
そうなんですよね。快晴なら山並みがきれいに見えたんですけれどねぇ。
まぁ雲海好きの私は雲海が見られたので良しとします。
2019年11月19日 00:02
ありがとうございます。
ふ~ふ~は~は~、ガクガク大変でした。
後2、3日筋肉痛でしたし。
でもやはり山頂の空気と眺めは最高でした。
夏の初めに予定していたのですが、天候や体調や他の予定の都合で延び延びになっていました。秋も良かったです。

あっ二等三角点しっかりタッチしてきましたよ。
これでてくてくさんのお仲間に入れていただけますか?

教えていただいた通り「表示しない」にしてみました。
ありがとうございます。
2019年11月19日 00:13
kojiさんも雲海お好きなんですね。
私も雲海好きです。
飛行機から見る雲海は、雲に乗ってどこかに行けそうな気がして、
違う良さがありますね。
2019年11月19日 00:31
山はもう冬だそうですね。
ご主人は冬山にも登られるのですか。
縦走は大変だと思ってパスしているのですが、むしろ山小屋に泊まって、縦走する方が楽な山もあるようですね。
私ものんびりが好きですが、山小屋が苦手なので日帰りになってしまいます。
仙丈ヶ岳、良かったですか。登りたくなります。
うずら
2019年11月20日 00:50
標高差964mですか?!
登山をされる方って本当にすごいです。
木々の紅葉も綺麗ですね。
この季節の山歩きは柔らかい落ち葉を踏みながら歩くのが
楽しいのよ、と先日登山をする知り合いから聞きました。
やはりそうですか?
頂上からの景色、特に雲海が素晴らしいですね。
頑張って登った人だけが味わえる景色なんですよねぇ。
ゆらり人
2019年11月20日 09:17
行かなければ見れない風景と雲海にうっとりです。
私も魔女の宅急便で抱えて連れて行ってくれなかな~。
高所の雲海と低い所の雲海は違い高所の荒れ狂う真美の様に見えたり、または低い所の静かな湖面を表しているような違いがある様に感じます。
しかし、よく行かれましたね、何時までもこの楽しみが続けられるように祈っています。
ここまで来ると紅葉の味わえる木々も無いのでしょうね。
10分ばかりの登山を楽しませて頂きました。
2019年11月20日 19:06
標高差964mの直登は私にはきつかったです。
すこ~し紅葉には早かったようですが、それでも少しは秋を味わえました。
落ち葉を踏みしめながら歩くのは気持ちいいのですが、それも初めだけで、
標高が高くなり森林限界までくると、石や岩の道に変わってしまいます。
雲がないと山並みがきれいに見えるのですが、雲が多いとこんな景色になります。頂上の空気とこの景色は写真とは違う魅力がありますよ。
2019年11月20日 19:25
私はどこでもドアがあれば、頂上に行って、そこから縦走したいと思ってましたが、
魔女の宅急便で、空からの景色を眺めながら連れて行ってもらうのもいいですねぇ。
そうですね。雲海はいろいろ表情を変えてくれます。
もこもこの雲海を見てると乗ってみたくなります。
私は植物もあまり知らないのですが、途中はカラマツとかコメツガとか、もっと登るとハエマツとか針葉樹が多いみたいです。
頂上は岩だらけですし。
今年は登山用リュックと、ズボンを買いかえたので、行かないともったいないと思っていってきました。来年もいけるかなぁ。
2019年11月25日 22:18
二日目、編笠山(2524m)登山とは本格的ですね。
登山口が1560mですから、下から六甲山に登る感じです。
観音平からほぼ北へ向かって高度をドンドン上げていくコースですね。
「観音平には30台分ほどの駐車場がある。 シーズンには朝早くから満車となる。」
とあり、人気のコースみたいです。
崩れそうで崩れないモアイ像?
ユーモラスですが、本当の名前はあるんですか?
急登の後の雲海が素晴しいです。
2千mを越え、雲上人になられました。
権現岳から見た写真では編笠を伏せたようななだらかな山ですが、
ワイルド感があるんですね。

山歩きを続けていると、ず~っと続けられると思います。
女性の方が体力維持には長けています。
私の山仲間で、男性陣はヘナヘナ^^;
残った仲間は高齢女性ですから
すずりんさんも、頑張って下さい
2019年11月26日 22:21
名前の由来になったように編笠を伏せたような、優しく見える山なのに、実際は厳しかったです。
慣れた人は難なく登ることができる山だそうですが、私にはきつくて、これで初級コースなんだと自信喪失です。
ピストンではなく、山小屋に泊まって縦走する方が楽だと言われているのですが、山小屋が苦手で。
モアイ像みたいな岩の名前は分かりませんでした。
アルクノさんいつものように名前つけてくださ~い。
私、雲海好きなんですよ。雲海を見てると、現実を忘れていつもの世界と違う世界にいるような、行けるような気がしてきます。

アルクノさんとそのお仲間の女性陣は行動的で、お元気ですものね。
きっとみなさん努力されてるのでしょうね。
私も山歩きを続けようと思うなら何だかの努力がいりそうです。