京丸団扇

団扇
最近出番が少なくなったように思います。

昨日祇園祭の前祭りのハイライトとなる山鉾巡行がありましたが、
京都の夏の挨拶に芸子さんや舞妓さんがお得意先へ名入りの団扇を配る風習があります。
京都の風物詩です。

その京丸団扇を作る小丸屋住井さんでの取材模様をテレビで見ました。

どこかで見たなと思って探すと出てきました。

小丸屋住井さんの亰丸うちわです。
画像


画像

画像

柄の商標と二本の黒い印が小丸屋住井の亰丸うちわの証です。


四国で有名な「丸亀うちわ」
岐阜市の工芸品である「岐阜うちわ」も
元をたどれば小丸屋の先祖がその地に伝えたものです。

小丸屋住井のうちわ貼りは毎年2月~6月にかけて行われます。
徳島産真竹3年のものを骨と柄に使い、
天気、温度、湿度に応じて糊の溶き加減を調整しながら、
慎重に地紙を貼りこんでいきます。

「撫ぜ」「かまきり」「うちきり」「へり取り」という行程を経て、
最後の仕上げとして骨と骨と間に竹ヘラで筋を入れ、一本一本の骨を浮き立たせる
「スジ入れ」が行われます。
もちろん全部手作業です。

一枚の団扇がこんなに手間がかかっているとは、改めて眺めてみました。

このうちわは一昨年京都で行われた中学校(故郷は愛媛です)のクラス会の時にいただいたものです。

舞妓さんも来てくれました。
画像

見づらい写真ですみません。
カメラを持っていってなかったので、幹事さん提供の写真の写真です。

いいろんな地方から来られる舞妓さん、一番苦労するのは京都弁
祇園祭の時期は髪飾りも変わること
高価な帯留めをつけてること
着物は結構ネンキが入っていること
名前は置屋さんと、出身地等からつけること
躍りのお稽古では、目線を具体的に教えられること

いろいろお話しできて、興味深かったです。
それとやはり顔、姿、言葉、かわいかったす。

舞妓さんの踊りを見たり、お話したりは一元さんではなかなかできないそうで、
京都在住の同級生のお陰です。

夜、上七軒ビアガーデンに行きましたが、ここは一元さんも気軽に行くことができ、
浴衣姿の舞妓さん芸子さんが出迎えてくれます。
京都らしい趣のあるビアガーデンでした。
ここでもうちわが売られているそうです。

話がそれましたが、京丸うちわ
日本画 ( 35000円~

切り絵 ( 12000円~

江戸型彫り (11000円~

と高価な物もあります。

個人の「手書き名前入り京丸うちわは」2500円~とありました。


小丸屋住井さんは団扇だけでなく、
舞扇子、舞台小道具等で、舞踏会や狂言を裏方として舞台を支え続けており、
先人より引き継いだものを次の世代へと引き継ぎながら、京都文化を世界へと発信しています。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

2016年07月19日 05:51
おはようございます。
>小丸屋住井さんの亰丸うちわ
とてもしっかりしていて使い易そうですね‥工程や手間すべて手作りにそのお値段も納得ですね。
団扇は暑くなりかけてから扇風機を出すまでのつなぎの様な使い方をしています
もちろん竹で仕上げたもの、我が家では1本のみであとはみなプラスチックの骨
竹はしなって使い易いので好きですプラスチックは固くて風に風情が無い?様に思うのですが…。。。

2016年07月19日 09:48
こんにちは。

あまり使わなくなっておりますが、私のところでは寒くてもかかせないウチワ。
23日、施設の夏祭りで多分百枚単位で使います。
語源で団扇は中国語になります。「打ち羽」に対応することばとしてそう用いられたようですよ。
ところで、貴重な経験ですね・・・。
お値段が高いのもなるほどな・・・とうなずけますね。
2016年07月19日 11:08
こんにちは~♪

京団扇は かなり高価なんですね。
それなりの作りなんでしょうが。
我が家は お祭りに配られた団扇だけですよ。
それでもウォーキングのときに使っています。
そちらは昨日梅雨明けしたようで、
これから暑さが厳しくなりそうですね。。。
2016年07月19日 13:12
こんにちは!
京丸団扇はずいぶん高価なのですね。
伝統のあるものですから、仕方のないことでしょうか。
舞妓さんも夏は団扇を持って踊るのですね。
こちらでは、夏になると街頭でお店の名前の入った団扇を配っています。
プラスティック製のものですが、受け取った団扇をばさばさ煽りながら街を歩く人がいますよ。
少しでも涼しい風が欲しい毎日ですね。
2016年07月19日 14:51
こんにちは(^^♪

暑いですねぇ~(;^_^A

団扇って漢字に変換するとこう書くのですね
勉強になりました
最近はお店とかで団扇を頂くと柄も骨組みもプラスチックで高齢の母は重いって言います
全部手作業で作られてる京団扇は高級品なのですね
扇子より扇ぎ易くて私は小さな団扇バック入れて持ち歩いています
2016年07月19日 17:15
こんにちは。
団扇、そう言えば最近は使っていないけれど、扇子より良い風が来ますよね。
4、5年前にバスで通勤していた時にその時間はあまり乗客がいないので小さ目の団扇をバックに差し込んで仰いでいた事を思い出しました。
でもこれもプラスチックでしたわ
もっと前には和室に竹の団扇を置いていましたが、いつしか使わなくなってしまいました。
工程をお聞きすると大変な作業で、でも高価な団扇を大切に使う気持ちのゆとりもちょっと欲しくなりますね。
金銭的な余裕も必要だぁ~
そろそろ各地で梅雨明けの声が聞こえて来る今日この頃…。
気持ちだけは涼しくいたいですね
2016年07月19日 21:48
きょんたんさんへ
そう言えばまだ扇風機を出してないとき、お風呂あがりなどに使いますね。
私も竹の方がしなって、風情のある風のように思えます。
竹の骨に薄い紙を貼ったうちわはそよ風のような優しい風。
京丸うちわはしっかりしているので、舞妓さんのイメージと違って力強い風です。
パッチワークもそうですが、手間暇かけた手作りの物はやはりどこか違いますね。


2016年07月19日 22:17
white さんへ
団扇は中国語で、打ち羽の対応する言葉...なんですね。
知らなかったです。
23日は施設の夏祭りとか、夏祭りには団扇が付き物ですね。
団扇を持ってみなさんが参加されてるところを想像すると楽しくなります。笑顔があふれるといいですね。
2016年07月19日 22:28
バンビ2さんへ
ウォーキングの時団扇を持ってらっしゃるのですね。
特に休まれるとき重宝しそうですね。
団扇を買うことはないですし、いただく機会も減っていますが、ちょっと使いたいときがありますね。
こちら梅雨が明け、今日も太陽がギラギラ暑かったです。
2016年07月19日 22:48
うふふさんへ
高額の団扇は日本画、切り絵、彫り、飾っておきたいような素敵な芸術品ですね。
普段使うにはお店やイベントで配られる団扇で十分ですが、
できれば骨や柄は竹がいいかな。
ほんとうに涼しい風が欲しい毎日です。

2016年07月19日 23:04
ぺこさんへ
確かに扇子より団扇の方が扇ぎやすいですよね。
持ち運びには扇子が便利だと思っていたのですが、
なるほどバックに入る小さな団扇はいいですね。
京丸団扇はしっかりしていて風もよくきますが、プラスチックよりもっと重いです。お母様向きではなさそうです。



2016年07月19日 23:18
イエティさんへ
近頃、扇子や団扇を使う方をあまり見かけなくなりました。
いい風の来る団扇は家で、持ち運びしやすい扇子は外でと思っていましたが、小さな団扇を持ち運ぶ手があったのですね。
おっしゃるとおり、使うのが勿体ないような団扇を優雅に使う、そんなゆとりが金銭的にも精神的にも欲しいですねぇ。
そして気持ちだけは涼やかにですね!
2016年07月20日 01:49
団扇を作るにはなかなか手がかかっているのですね。ならばそのお値段でも納得ですが、最近は団扇は見かけなくなりました。クーラーが入った室内では不要の物になってしまっている現代ですが、昔は夏の必需品だったことでしょう。
2016年07月20日 13:50
arara さんへ
ほんとうに団扇の出番は少なくなりましたが、
夏祭り等、日本の夏のイベントにはやはり欠かせないようです。
竹の骨ではなく、プラスチックが多いですけれど。
2016年07月22日 14:08
こんにちは。
もう20年ほど前、上七軒「中里」へ、舞妓・芸鼓さんの舞をお食事しながら観に行ったことがあります。
その時に、↑のような名前入りの団扇を頂いてきました。
やはり、一見さんはお断りでした。
私の場合は、当時、家庭画報を年間購読してて、その特権でした。
お食事しながら可愛い舞妓さんたちとお話ししたのを懐かしく拝見しました。
「岐阜うちわ」、小丸屋さんのご先祖が伝えたものなんですね。
すずりん♪さんは愛媛ご出身ですか。
私は愛媛県松山にはご縁があり、もう4回も訪ねています。
伊予市にも同窓生が居まして。
9月、また訪れるんですよ。
瀬戸内の海、本当に素敵なところですね。
2016年07月24日 23:12
ハーモニーさんへ
ハーモニーさんは20年も前に舞妓さんや芸子さんの踊りを見ながらのお食事を経験されてたのですね。
私は全然縁がないものと思っていたのですが、京都のホテルでのクラス会に京都在住の同級生が、サプライズで舞妓さんとおかあはんを呼んでくれてたのです。こんな年でも初めての経験ができるのだと楽しかったです。
クラス会はこのところ、2年に一回あります。ずっと故郷の愛媛県の新居浜で行っていたのですが、一昨日は目先を変えて、京都でとなりました。今年は10月、松山道後の予定です。
一月違いの愛媛訪問ですね。





この記事へのトラックバック