キビナゴのお刺身

散歩に行った夫から電話があり、
キビナゴの刺身用が出ているから買って帰っていいかと言う。

「わぁっ  めんどう」
と頭をかすめましたが、

キビナゴは傷みが早いこともあって、漁獲地以外に流通することがないらしく、
めったに見かけないので、「まぁいいか」と思い
いいと返事してしまいました。

散歩に出かける夫に何か良い物があれば買ってきてと言ったのがよくなかったのです。
夫がスーパーで覗くのは魚う屋さんと果物のコーナー

買って帰ったキビナゴはなんと3パック
ボウルに移したところずいぶんの量にため息。

小さなキビナゴを一匹一匹手開きしなければなりません。

開いても開いてもまだあります。
後悔しきり

出来上がったのがこれです。
画像


実物は青い筋の入った銀色、半透明できれいなのですが、
盛り付けるエネルギーはもう残っていなくて、お皿にドサッ!
なんとワイルド!
お世辞にもおいしそうとは言えません。

でも食べると思ったより生臭さもくせもなく、甘くて、サヨリのようにコリコリしていて、美味しかったです。

「出て来たものを黙って食べる」が夫のいつものスタンスですが、

キビナゴってこんなに美味しい魚だとは思わなかった
甘いなー
くせがないから生姜なんていらない
サヨリより味があって美味しい

まぁめったにない褒め言葉が並びました。

ちょっと待って、これは又頼むということだな。

「次は絶対却下」と宣言しました。

喉元過ぎるまでは・・・・・









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2016年02月08日 06:02
おはようございます。
>…漁獲地以外に流通することがないらしく…
キビナゴ‥多分食べた事が無いかもです。
3パックもですか、お皿にのった量をみてな~るほどです‥お疲れ様でした~って感じですね。
でもご主人が褒めてくれたからその疲れも消えちゃいましたね。。。

2016年02月08日 16:45
きょんたんさん
コメントありがとうございます。
こちらでもお刺身になるのは珍しいです。
作る者にとっては喜んで食べてもらえるのが一番ですが、
もういいです。しばらくは
2016年02月08日 17:37
こんばんは。

食したことがありませんが、銀肌の魚は直ぐに鮮度がおちますね。
刺身魚は地元で獲れたものが直ぐに店頭に並べられるはずですから、美味しいこと間違いなしだと思います
。たくさんに小さそうですから捌くのが大変だったでしょね。
2016年02月08日 21:17
white さん
コメントありがとうございます
鮮度がよくておいしかったですが、捌くのには量が....
しばらくはこりごりです。
2016年02月10日 01:54
「きびなご」という名前さえ知りませんでした。ちょっと見た感じはさよりに似ていますが、もしかして南方面でしか捕れないのかもしれません。お疲れ様でした。
2016年02月10日 15:00
始めまして~♪
先程は気持ち玉をありがとうございました。
早速飛んで参りました。
きびなごは関東に住む者にはなかなか馴染みがありません。
お話から美味しいことが伝わってきましたよ。
いつか食してみたいです。
またお邪魔しますね。
どうぞよろしくお願いいたしまする
2016年02月10日 21:19
arara さん
コメントありがとうございます
地方によって呼び名がいろいろあるようです。
鹿児島、長崎、高知と言った暖流に面した地域でまとまった漁獲があるそうなので、やはり南の方ですね。
鹿児島では酢味噌で食べ、薩摩料理のひとつだそうです。
2016年02月10日 21:27
早速飛んで来てくださり、コメントありがとうございます。
こちらでもお刺身用としてこんなに大量に売っていることは珍しいです。
機会があればぜひお試しください。

そしてこちらこそよろしくお願いいたしますm
2016年02月11日 14:17
うふふさん
すみません
お名前を書くの忘れていました。
このとおりそこつ者ですが、よろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック