「花の鎖」  湊 かなえ

こんなミステリーもあるのだ。面白かった。
今まであまりミステリーは読まなかったが、「花の鎖」は私のミステリーのイメージを変えた。
この物語は映像にすると、驚きのラストが胸を打つ展開になりえない、本ならではのミステリーだ。
読み終えて何日か登場する3人の女性の繋がりを反芻した。
「二回目に読むとはますます面白くなります」と加藤 泉さんは解説に書いている。
何冊か違う本を読んだ後、また読んでみよう。
加藤 泉さんは「真っ白な気持ちでお読みいただくことを願っています。」とも書いている。私は「告白」もその他の作品も読んでなかったのが良かったのかもしれない。
今日湊 かなえさんの別の本を買ってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック