4 石鎚山登山  (瓶ヶ森林道 東黒森 瓶ヶ森 石鎚山)

3日目
石鎚山(1982m)

西日本最高峰 日本百名山の一つ

富士山 立山などとともに全国七霊山の一つ

最高峰に位置する天狗岳(1982m)  石鎚神社山頂社のある弥山(1974m)  
南尖峰(1982m)の一連の総体山

1500万年前ごろまで活火山であり、カルデラを形成していた。このカルデラは日本で一般的なじょうご型カルデラではなく、環状割れ目噴火によるバイアス式カルデラである。約2万年前の最終氷期にこの辺りは周氷河作用がはたらき、岩石が砕かれ岩稜の山が形成されたと推定される。とWikipediaにあります
正直よく分かりませんが、山の生い立ちにもいろいろあるのですね。

鎖場があるが、整備された巻き道もあり、初級者から上級者まで楽しめる山

初心者の私は土小屋(1492m)からの登り2.5時間、下り2.0時間、合計4.5時間のルート

登山道からの

大森山
画像


太陽の光を浴びて白く輝くクマザサ
画像


石鎚山北壁
画像


弥山山頂(1974m)から360度パノラマ

石鎚山最高峰の天狗岳(1982m) 
弥山から鎖を使って尾根へ、周囲は目もくらむような断崖絶壁
自信のない方、装備の不十分な方、登山経験の浅い方は安全のためチャレンジしないでくださいと注意書き  当然私はパス 連れだけ行ってきました。

画像


西ノ冠岳(1894m)
画像


面河方面の山並み
画像


登山道(下山時)からの

瓶ヶ森(1897m)と石鎚山脈
画像


石鎚山
画像


どこから見るかによって形が変わる石鎚山

瓶ヶ森林道・シラサ峠(東側)からのどっしりした重厚な石鎚山(南尖峰・天狗岳・弥山)
右奥隣は西ノ冠岳 左奥は二ノ森
画像


石鎚スカイライン・長尾尾根展望台(南側)からの尖った石鎚山
画像


長尾尾根展望台から松山方面に少し進むと 石鎚神社頂上社(弥山) 天狗岳 南尖峰が見えだす
画像


ちなみにギザギザの岩峰がそそり立っているという、西側からの石鎚山は車中から遠くに見えていたのか、見えなかったのか、見逃しました。

山旅から帰ってくると、筋肉痛になり、顔や足がむくみ、数日は疲れでダウンぎみ。
それでもやっぱり山旅はいいね!キミ!

















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック