御嶽山噴火から1年

御嶽山噴火で死者58人  5人の方は行方不明のまま、未だ家族のもとに帰れないでいる。
私も5人の家族と同じ立場なので、きつくて、辛くて、どうしようもない気持ちはよくわかる。

「一日も早く家族のもとに戻られますように」と多くの方が言ってくださった。
「ありがとうございます」と答えて、実際キミが私たち家族のもとに帰ってくることを願っている。でもちょっと複雑な何とも言いようのない気持ちになる。
だからみなさんにどのような言葉をかけていいのか分からない。

同じ日御嶽山に登ってた人の言葉として
「山頂近くで言いたかった。僕だけ助かってすみません。と」とある。

2011年9月27、28日に御嶽山に登っていたキミも、自分が噴火に出くわしてもおかしくなかった。犠牲になった人がいるのに、自分は山を嫌いにはなれず、登山を楽しんでいることに、申し訳なさを感じてたようだ。

私たち家族は初めキミを奪った山に背を向けて生きていこうと思った。
でもキミが愛した山を嫌いになってはキミが喜ばない、
山に行ってキミを感じようと思うようになった。
山の番組もよく見るようになった。

テレビをつけると、ジュディオングさんが「魅せられて」を歌っていた。
この曲を初めて聞いたのは、1979年3月キミが産まれた産院のベッドだったのを、よく覚えている。
そして時は流れた。
キミがいなくなった今も時は流れていく。
時は決して戻らない。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック