ねまがりたけ

今日も吾妻山の話です。
天元台の夕食はすき焼きでした。もちろんすごく美味しかったです。
でも特別に紹介したいのは初めていただいた、ねまがりたけです。
正式名は「チシマザサ」
雪の重圧で曲がって育っていくので一般的には「根曲がり竹」と呼ばれています。
太さは親指くらい、長さは20センチくらい、ホワイトアスパラの大きいのという感じです。
皮を剥くとタケノコが現れます。
柔らかいけど適度な歯ごたえ、優しい風味で、甘さも感じられます。
出てくるは出てくるは
茹でて、焼いて、お味噌をつけて
味噌汁、煮物、漬物、天ぷら、どれも美味しかったです。
この時期ならではのねまがりたけづくしで、おなかいっぱい、ごちそうさまでした。
写真を撮り忘れて残念!

もうひとつ、白布温泉のご主人、味のある、面白い人でした。
山に登るのは、ふーふーはーはーしんどいだけです。でも登ります。
冬の山に一人で登るのは危ないです。でも一人で行きます。
声だかに山の魅力を語るでもなく、熱く山の素晴らしさを訴えるわけでもなく、何だかとぼた感じですが、「山が好き」がにじみ出てました。

また行きたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック