自転車の練習

テレビで、1日で乗れるようになる自転車教室を見た。
子供が自転車に乗り始め、後ろから大人が自転車支え、押すという光景をよく見かけるが、
後ろから押さないで、前から支えたり、受け止めたりするほうがいいそうだ。

キミが幼い頃、急に補助輪を外してと言うので、補助輪をはずしてどうするのか見ていた。
するとキミは自転車を押して車の通らない緩やかな坂の上に行った。
そしてキミは自転車にまたがり、足はペダルに乗せないで、バランスをとりながら坂を下っていく。
傾きかけると足を地面につけ、バランスをとりながら下っていく。
下までいくと、又自転車を押して上まで行き、足を浮かせてバランスをとりながら下っていく。
それを何度も繰り返していた。
もう30年くらい前の事なので、一日で乗れるようになったのか、数日かかったのか忘れてしまったが、
いつの間にか一人でペダルをこいで乗っていた。

今でもこの方法はいいと思う。

キミに子供がができたら、この事を話そうと思っていたが、それも叶わなくなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック