ソラ〜ありがとう〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最後の山旅(2) 安達太良山

<<   作成日時 : 2017/10/27 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 123 / トラックバック 0 / コメント 20

今年最後の山旅  三日目(9月30日)
安達太良山登山

安達太良山(標高1,700m)
画像

福島県二本松市の西側に位置し  磐梯朝日国立公園の南端
那須火山帯に属する活火山
日本百名山の一つ

薬師岳近くまでロープウェイ(ゴンドラリフト)があるので
往復ロープウェイを利用すれば約3時間
登りのみロープウェイを利用する周回ルートだと約4時間
初心者向けの山です。

ところがです。なんと強風のためロープウェイが休止しています。
仕方なく徒歩のみで登山することに 
画像


7歳の女の子も頑張って登っています。
最初のころはまだいいのですが、前々日の雨の影響で登るにつれ道が悪くなってきます。

途中すれ違った親子に「お気をつけて」と声をかけていただき、元気をもらって薬師岳へ
ロープウェイが動いていれば、薬師岳まで10分余りなのですが、1時間半もかかっていました。

薬師岳にある「ほんとの空」の記念碑
画像
          
智恵子抄より
智恵子は東京に空がないといふ、
ほんとの空が見たいといふ。
・・・
智恵子は遠くを見ながらいふ。
阿多多羅山(あだたらやま)の山の上に 
毎日出ている青い空が
智恵子のほんとの空だといふ

薬師岳から安達太良山へ
画像

画像

画像


振り返ってみると
画像


山頂まであと少し
森林限界を越え高い木がなくなってきました。
突き出た岩峰が山頂
画像


安達太良山の山頂  大きな岩の上(1700m)
風が強くて、体が揺れ、撮影もままなりません。
岩に隠れて、、寄りかかってやっと撮影
今日も安達太良山の上は青い空でした。
画像


山頂にある二等三角点(1669.6m)
画像
 
              
あまり風が強いので、カメラはリュックにしまい込み、撮影は夫に任せました。

山頂から見た北方向
牛の背、矢筈森、鉄山、沼ノ平、吾妻連峰
画像


山頂から牛の背へ

写真では表現できませんが、
ますます風がつよくなり、吹き飛ばされそうです。一歩も動けない時も。
人生一番の強風体験でした。
ここが馬の背ではなく、牛の背で良かったぁ〜

爆裂火口跡・沼ノ平(深さ150m、直径500m)、 櫛ヶ峰、秋元湖、西大巓、西吾妻山
明治時代にも中規模の水蒸気爆発があったようです。
故・田部井淳子さんはこの景色を見て、登山に目覚めたとか。
画像


引き返すルートはやめて周回コースで下山

くろがね小屋への下山道から見た鉄山
画像


くろがね小屋付近から見た鉄山
画像


くろがね小屋
小屋の裏が岳温泉の源泉地で、小屋にも温泉が引かれています。
画像


ここからの馬車道は嫌になるほど長い九十九折の道でした。
一部ショートカットの旧道を通ってみましたが、急坂で、滑りやすく、やはり馬車道へ。
旧道をトントン走るように下りてた若い人も滑って転んで、照れ笑いしていましたよ。

雨の後で登山道のコンディションが悪かったこと、
山頂から牛の背への道で風が強かったこと
土曜日の紅葉シーズンで人が多かったことなどが重なったためか
標準時間休憩なしで5時間のところ、7時間18分と予想以上に時間がかかってしまいました。
登り返しのない下山が、こんなにきつかったのは初めて、  ふ〜っ疲れたぁ〜

登山口の日帰り温泉で汗を流して仙台空港へ

ゆっくり牛タンを食べる時間がなく、せめて牛タン弁当を買おうとしましたが、売り切れ。。。
牛タンの口になってるのに〜  残念!

白布温泉の社長にいただいたいも煮  西吾妻山で買ったクマよけの鈴
画像
画像


筋肉痛を覚悟しましたが、それほどでもなくて、山旅に少し慣れたのかな?

これで今年の山旅は終わり〜
何だかほっとした気持ちも・・・

来期は筋肉痛も覚悟でまた一からです。

拙い山旅ブログにお付き合いくださりありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 123
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
お話伺ってるだけでも、
行程の大変さが伝わって来ました。
「あれが安達太良山、あの光るのが
阿武隈川」という詩の一節で、
名前だけはお馴染みの山ですが、
山腹の見事な紅葉といい、山頂付近の
荒涼とした雰囲気といい、山の
素晴らしさ、厳しさが味わえる所かと
思います。普段はロープウェイが
利用できるんですね。「本当の空」は、
都会の空とは一味違いましたか。
yasuhiko
2017/10/28 10:50
ロープウェイを利用して、たろも一緒に登りました。
うんち取りとチッコ用の水を持って何ともおかしな姿ですが、行きかう人は皆さん頑張って、偉いねとたろを褒めてくれましたよ
たろは楽勝で歩いていたんですけどね。
山の紅葉はナナカマドの赤が本当にきれいですね。
コマダム
2017/10/28 13:54
こんばんは〜♪

すごいな〜〜 うらやましいなあ〜〜。
私は 昔から心臓が弱いので 山は無理なんですよ。
それでも ロープウエイで登った山は少しありますが。
すずりん♪さんを 尊敬しますよ。。。
バンビ2
2017/10/28 18:27
yasuhikoさんへ
私もずっと以前から安達太良山の名前だけは知っていましたが、こういう姿は想像していなかったです。
紅葉は素晴らしく、爆裂火口は迫力があり、
おっしゃる通り山の素晴らしさと厳しさを味わえました。
ただあの強風はこりごりです。
風のないお天気のいい日に登りだけロープウェイを利用して牛の背を通る周回ルートをお勧めします。
正直、見上げれば山の空も都会の空も変わらないのですが、違うのは空気感ですよね。智恵子さんの言ってること分かる気がします。
すずりん♪
2017/10/28 22:35
 コマダムさんへ
たろちゃんは麓で待ってもいられるし、登ることもできるんですね。すごいですね。
山ではおんぶされた赤ちゃんから84歳の方まで会いましたが、ワンちゃんにはまだ会ったことがないです。
私もロープウェイを利用して山頂まで行って3時間余りかなと軽く考えていたのですが、山ってやはり侮れないですね。その日の天候によってずいぶん違うんだと思い知らされました。あんな強風は初めて、吹き飛ばされるかと思いましたよ。
紅葉はきれいでしたが、ほんの少し早かったかも?
すずりん♪
2017/10/28 22:59
風の強い中、よく頑張りましたね。山で強風が吹くと本当に怖いぐらいですが、今回は台風の影響もあったのでしょうか?ロープウェイが止まるということはかなりの強風だったのでしょう。
それでも上り詰めた先で見る景色は素晴らしい物でしょうね。私は山登りはほとんどしない人なのでその醍醐味は一生味わえそうにもありません。高度に弱くて、2000メートルを超えると吐き気がするのです。スイスに暮らしているのに山登りをしない理由です。残念ですが。
arara
2017/10/28 23:07
 バンビ2さんへ
私も以前は山は下から眺めるものと思っていました。
遠くから眺める山もいいですよね。まずは体調を崩さないようにすることが大切ですものね。
尊敬なんてとんでもないです。行きがかり上登っているだけですから。
私はバンビ2さんの人によりかからない誠実で筋の通った生活、すごいなと尊敬しています。
すずりん♪
2017/10/28 23:22
おはようございます。
>7歳の女の子も頑張って登っています
小さなときから大人と一緒に登っているからなのでしょうね、山と自然の素晴らしさを知っている彼女は素敵な大人になってくれそうですね。
山の標高を聞くと凄い大変そうって思ってしまうのですが標高だけでは判断できないのでしょうね。
>人生一番の強風体験でした
何も遮る物が無いのでとても怖いでしょうね。
青空と紅葉と9月末で既に綺麗に色づいた景色を観ながらの山旅、筋肉痛も少しは和らいだのでは?。。。

きょんたん
2017/10/29 04:10
おはようございます。
安達太良山の空、美しいですね。
智恵子の言うとおり、やはり東京の空とは違います。
本当の空を見てみたいと思いました〜☆
それにしても体が揺れるほどの強い風では大変な思いをなさいましたね。
今年の山はこれでお終いでしたか。
お疲れ様でした。
また来年を楽しみにしています。
うふふ
2017/10/29 07:56
こんにちは〜。
何と、強風でゴンドラが運航停止という時に徒歩で登られたとは、それはそれは大変な事でしたでしょうね。
すずりん♪さん、やっぱり凄いパワーですよ
でも今の内からこうして体力を付けておけば、私位の年になってもきっと、パワー全開のシニアになりますね
私はすずりん♪さんのお蔭で、家に居ながらにして美しい山の風景を眺めさせて頂いて満足して我慢する事にします
イエティ1号
2017/10/29 11:27
araraさんへ
麓のロープウェイでは風はそれほどでもなかったのですが、安達太良山の山頂から牛の背にかけてはあまりの強風に引き返すことも、進むこともできず、しゃがみこんでしまいました。ストックを短く持って夫に引っ張ってもらってやっと通り過ぎました。こんな体験は初めてですし、もうこりごりです。
徐々に登って行くので、あまり実感はないのですが、3,000m級の山だとやはり息切れするように思います。
araraさんは低気圧でも頭痛がするとおっしゃってましたものね。スイスの山は憧れですが、登らなくても身近に見てられるだけでもうらやましいです。
すずりん♪
2017/10/29 17:05
きょんたんさんへ
本当に普段比較的簡単に登れる山でも、天候などの条件によってこんなに違うものかと改めて思い知らされました。
体を支えてられないような強風でしたが、さすがに吹き飛ばされた人はいなかったです・・・
登っているとき、すれ違ったご家族が山頂の様子などを教えてくださったのですが、別れ際にお父さんが「お気をつけて」、次いで小学生の男の子が「お気をつけて」と。なんて可愛い、立派に育たれるだろうなと思いました。
景色だけでなくこんな出会いにも癒されました。
意外なことに長い時間歩いた割には筋肉痛はあまり出なかったんですよ。少しは進歩したかな?
すずりん♪
2017/10/29 17:29
 うふふさんへ
智恵子さんは東京の空気が会わなかったそうで、空気感というか、故郷の象徴が安達太良山の青い空だったのですよね。気持ちは分かる気がしました。
牛の背の強風はすごくて、台風中継なんてものではなかったです。爆裂火口の近くに行くなんてとんでもなく、とにかくその場所を通り過ぎるのに必死でした。
いろんな山を楽しみましたが、
これで今年は終わりと思うと、落ち着いて生活できそうで、正直ちょっとほっとしています。
夫が近くの山に行こうなんて言い出したりして・・・(汗
すずりん♪
2017/10/29 17:51
 イエティ1号さんへ
はい私には大変な山旅となりました。
普段は比較的簡単に行ける山なんですけれど、登山の難易度は天候など条件次第でかわりますね。
私自身この歳から山旅を始めるなんて思ってもみなかったのですが、年だけは立派な高齢者なんですよ。
普段はパワー不足のゴロゴロ生活ですので、
いつも新しいことに挑戦され、何でもお出来になるイエティ1号さんのパワーは素晴らしいなと思っているんですよ。
すずりん♪
2017/10/29 18:08
こんにちは。
安達太良山1700m付近の現在の様子をネットで調べてみました。
周辺(鷲倉)気象庁アメダス地点、11月30日10:00
気温1度、降水量2mm(1時間以内)
風速6m、日照時間0分(1時間以内)
と、気温も下がり降雨もあって厳しい状況です。
風速はこれより厳しくて、飛ばされそうな台風並みだったみたいですね。
強風で止まったロープウェイ、これも調べてみました。
『安達太良山「風で止まったゴンドラ」の恐怖』
という記事があり、ゴンドラは6人乗りですが、グループが搭乗するので、少人数でも相乗りは無いそうです。ただアナウンスも無く(そのような設備も無く)突然停止したそうです。
強風が収まるまで、ひたすら待つ恐怖を味わった内容でした。
これを読むと歩いて登りたくなります^^。
7歳の女の子も頑張っているので、いいですね。

智恵子抄に繋がる「ほんとの空」の記念碑を知りませんでした。
薬師岳(標高1350m)から安達太良山(1700m)へ向かう紅葉が美いです。
例年10月上旬から見頃を迎えるそうですが、早くやって来たんですね。
登ると、奇麗な青い空で良かったです。
大きな岩が風を受け止めてくれるのもいいですね。
山頂は風除けが無いので、大変だったと思います。

登山に目覚めさせる爆裂火口跡も雄大で、山歩きの楽しさが味わえる安達太良山だと思いました。
「2017年5月 安達太良山(福島県 二本松市)トレラントレーニング」
25分の動画を見ると、爆裂火口跡を眺めながら歩くコーが最高でした。
また来年の山レポを楽しみにしています。
アルクノ
2017/10/30 12:37
お疲れ様でした〜
標準時間休憩なしで5時間、実際は7時間19分…
それも立っていられないほどの強風が吹く中を歩かれたんですよね。すごいです。
やっぱり私のような軟弱者には山は登れないと確信しました(笑)
でも大きな自然を感じながら歩くのって憧れます。
登山をしない冬の間は筋トレとか体力づくりはしないのですか?
来年も山の色々なお話、聞かせてくださいね。
うずら
2017/10/30 14:15
アルクノさんへ
麓では紅葉はまだ早いかなと思ったのですが、登るにつれて色づいていました。
ゴンドラリフトは歩いて登っている時少しの間だけ動いていましたが、途中で止まるくらいなら歩いて登ったのは正解だったということですね。
薬師岳ではまだ少し曇っていましたが、山頂は晴れて智恵子さんのいふほんとの空が見えて良かったです。
ロープウェイ(ゴンドラリフト)に乗って、数分歩いてパノラマ展望台までのコースを楽しまれる人も多いようです。それでほんとの空の記念碑が安達太良山の山頂ではなくて、薬師岳にあるのかなと思ったのですが???
山頂ではみんな岩に隠れて身を潜めていましたが、牛の背までは隠れるものが何にもなくそれはそれは大変でした。
7歳の女の子は牛の背には行かないで、山頂から来た道を下山したようですが、小さな女の子にとってそれは正解だったと思います。
おっしゃるように、風のない条件のいい日に爆裂火口を眺めながら歩く周回コースがお勧めです。
すずりん♪
2017/10/30 22:21
うずらさんへ
私も初めは登りも下りもロープウェイを利用するつもりでしたので、気楽に考えていたのですが、乗り掛かった舟というか、最後まで歩くしかなかったわけでして・・・
無理と思っていた時間も、案外歩けるものですね。
最後は口を利くのも億劫でしたが。
山に行く前に慌ててスクワットなんかしていますが、帰ってくるとまた元の怠け者になります。
腰痛持ちなので、月一ペースでボディープランに行き始めましたが、効果があるのかはまだ?です。
すずりん♪
2017/10/30 22:37
 そこに山があるからだ・・・!
としか説明がつかない、山登りの苦しさと快感、ですよね。あたいも、仕事をリタイアしたら、また、山に登ろうと思っています。もちろん、軽〜いところだけ、ですけど。
Nyanta
2017/11/01 01:11
Nyantaさんへ
登った人にしか味わえない山の良さは説明しずらいですよね。
Nyantaさんがリタイアしてからの登山だと、私は年で登れないからすれ違いになりそうですね。残念!
でもその時はNyantaさんのブログで山を楽しませていただくことができますね。
すずりん♪
2017/11/02 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年最後の山旅(2) 安達太良山 ソラ〜ありがとう〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる