ソラ〜ありがとう〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 高千穂峰登山

<<   作成日時 : 2016/06/05 23:46   >>

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 11

5月30日 午前8時前に家を出て神戸空港から鹿児島空港へ
早割スカイマーク  一人片道4600円とビックリする安さ、ただし、キャンセルはできません
レンタカーで12時過ぎには登山口のある高千穂河原に到着

高千穂峰
宮崎県と鹿児島県の県境に位置する火山
標高1,574m
日本百名山 霧島山(霧島連峰)の第二峰
古くから山岳信仰の舞台となった
溶岩流と火砕物が交互にたまり成長した典型的な成層火山
山体は霧島錦江湾国立公園

古事記、日本書紀にも出てくる天孫降臨神話の地
霧島神宮古宮址 後ろの山が御鉢
画像


登山道に咲くコガクウツギ(ユキノシタ科)
画像

画像



森林限界からの登山道
砂浜を急斜面にしたような登山道
一歩足を進めると砂に埋まった足がズズーッと下がる
画像


ザレ場が終わると火山岩のがれ場
どこに足を進めるか注意しながらの登山

御鉢
標高1,408m

北側の火口縁から見た御鉢火口 直径東西550m 深さ約200m
画像


御鉢の東側火口内壁と高千穂峰山頂
火口内壁は幾重にも層ができ、成層火山であることを物語る
画像



高千穂峰西面の登山道
背門丘(鞍部)では足を痛め動けなくなった年配の男性の救助のため、
自衛隊と警察の方たちがヘリを要請、待機中
画像


御鉢の火口縁(馬の背)の登山道から見た高千穂峰の西面
山頂は溶岩ドームをなし、火口が塞がっている
画像


高千穂峰山頂部に突き立つ天逆鉾(あまのさかほこ)
坂本竜馬が新婚旅行で訪れ、この天逆鉾を引き抜いたことが姉の乙女宛の書簡に残されている。
画像


高千穂峰から見た御鉢
救助のヘリが背門丘上空に
画像


大分県防災ヘリ「とよかぜ」
宮崎県と鹿児島県の県境に大分県のヘリ
以前にも思ったのですが、こういう時は近県との横の繋がりがあるのですね。
画像


山頂付近に群生するミヤマキリシマ
画像

画像


高千穂峰は霧島連峰中、登山するのに最も苦労する山と言うことですが、
足場が悪く急斜面の登山道で、ふーっ!大変でした

でもその厳しい環境で頑張って咲くミヤマキリシマには癒されました













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

旅行をされたのですね・・・。
その高さはこちらの雌阿寒岳くらい高さですが、相当にお疲れだったことでしょう。
登る長い険しい道のり、花があっても頂上付近は険しいのが山ですね。
white
2016/06/06 07:12
こんにちは。
今回の登山は高千穂峰へ行かれたのですね
>一歩足を進めると砂に埋まった足がズズーッと下がる
>ザレ場が終わると火山岩のがれ場
>どこに足を進めるか注意しながらの登山
とても体力を使う登山道のようですね、正に体力勝負!
>足を痛め動けなくなった年配の男性の救助‥
最近では年配の方の登山が増えていると聞きます
過信されて登られているとは思いませんが十分に気を付けて無理なく無事に帰られます様に‥こう言ったニュースを聞くと何時も思います。
ミヤマキリシマに癒される良い登山になりましたね。。。

きょんたん
2016/06/06 17:03
こんばんは〜♪

高千穂峰登山だったんですか 凄いですね。
神戸から鹿児島まで飛行機で、
それからレンタカーですか。
そして 高千穂峰の登山は 足場が悪く大変ですね。
それにしても かなりタフですね。
私なんか もう山登りはできないんですよ。
なんだか健康そうで うらやましいです。。。
バンビ2
2016/06/06 19:22
white さんへ
森林限界を過ぎるとどこも厳しいです。
それでも背の低い木や小さな花が、けなげに頑張っています。
ロープウェイやリフトがあると楽なんですけどね。
雌阿寒岳とと同じくらいなんですね。
すずりん♪
2016/06/06 21:54
確かに、特に平日は年配の方が多いです。
遭難、怪我は自己責任ではあるけど、周りの人に辛い思いをさせたり、救助の方に迷惑をかけたりしますしね。
「登らなきゃいいのにね」という言葉も聞きますが、そのへんは複雑な思いです。
ちゃんと準備をすること。時間に余裕を持つこと。自分の体力にあった計画をたてること。
夫が計画をたてるので、気を付けているとは思いますが、絶対はないですものね。






すずりん♪
2016/06/06 22:28
上記のコメントはきょんたんさんへです。と書くの忘れました。すみません。
すずりん♪
2016/06/06 22:31
バンビ2さんへ
不思議に登れてしまうんですよ。
今回も御鉢までにしようかと思ったのですが、高千穂峰まで登ることができました。私は登り2時間あまりまでの山と決めてはいます。
今回は車での走行距離が少なくて、そのぶん楽でした。(もっともどこに行くのも運転は夫のみですが)
帰ってからは必ず一日中ゴロゴロ寝て過ごします(汗)

すずりん♪
2016/06/06 22:46
おはようございます。
今回は高千穂峰登山でしたか。
足場の悪い登山道を頑張ったご様子が伝わってきましたよ。
恐ろしいような火口の画面を見ると、日本は火山国なのだと改めて思いました。
火山は温泉などの恩恵も受けられますが、噴火の被害もありますね。
そんなことを知らぬげに咲くミヤマキリシマに癒されるお気持ちもよくわかります。
うふふ
2016/06/07 06:31
おはようございます。
前ページでは神戸の美味しい処を教えて下さり、ありがとうございました。また色々検討したいと思っております。

高千穂登山されたのですね。
もう何十年も前、霧島を旅した時、ミヤマキリシマが美しく咲いていたことを覚えています。
これだけ群生してると、圧巻でしょうね。

お写真拝見してるだけでも、活火山だということが伝わって来ます。
高千穂連峰は足場が悪いのですね。
近年、ヘリ要請が多いことを良く耳にします。
登山中のアクシデントはどうしようもないですね。

お疲れ様でした!
ハーモニー
2016/06/07 08:17
うふふさんへ
火口縁を歩いていると、火山なんだと改めて思います。
私はこんなにはっきり層が見える火口壁を見たのは初めてです。
結構迫力がありますよ。
火山噴火も地震も人の力ではどうすることもできませんものねぇ。
自然は怖くもあり、優しくもありますね。
すずりん♪
2016/06/07 17:03
ハーモニーさんへ
標高はそれほどないのですが、足場が悪く、登りにくい山でした。火口は迫力がありましたが、一回登ったらもういいかなという感想です。
今回怪我された方お元気そうでしたし、側にいらした自衛隊や警察官の方たちもニコニコ優しそうでしたので、ほっとしながら横を通りました。
年配の登山者が増え、批判もありますが、私達もその仲間。
できるだけ気を付けて登りますので、もしもの時はお許しくださいとしか......

すずりん♪
2016/06/07 17:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
高千穂峰登山 ソラ〜ありがとう〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる